NEWS

News information

  1. HOME
  2. NEWS
  3. NGOは合併してダイヤモンドの採掘における職人の環境の見直しに取り組む

NGOは合併してダイヤモンドの採掘における職人の環境の見直しに取り組む

10年以上にわたって小規模のダイヤモンド鉱山労働者の状態を改善するために取り組んできたダイヤモンド開発イニシアチブ(DDI)は、社会的、健康的、環境的課題に取り組む組織 “Resolve” と合併しました。

DDIは、DDI@Resolve と呼ばれるResolve内の部門になり、DDIエグゼクティブディレクターのIan Roweがそのディレクターを務めます。DDIの会長で創設者のIan Smillieと副会長のStephane FischlerがResolveの取締役に加わります。

Smillieは「職人の鉱物部門の危険はよく知られています。職人の採掘は環境にダメージを与える可能性があり、社会の混乱と病気をはらんでいます。ほとんどの職人の鉱山労働者の収入は、1日2ドル未満という現状があり、私たちはより良い状況にするためにDDIを立ち上げました。ResolveとDDIは共に、ダイヤモンドへの影響を強化し、それを他の鉱物部門にも拡張していくつもりです。」と言いました。

DDIはすでに職人のダイヤモンドセクターの見直しに取り組んでいます。昨年、倫理的な職人によるダイヤモンドの生産とサプライチェーンのセキュリティに関する一連のルールであるMaendeleo Diamond Standardsを作成しました。ワシントンDCに拠点を置くResolveも現場で活躍しており、クラフトコードと呼ばれる、職人による採掘のための自主的な標準のオープンソースを作成しています。

彼らは先週の共同プレスリリースで、合併により、職人が採掘したダイヤモンド、金、コバルト、「3つのT」(スズ、タンタル、タングステン)、およびその他の鉱物の責任ある調達をサポートする両方の組織の能力が強化されます。

組織は、責任ある鉱業の慣行と基準、鉱業後の土地利用、生計のためのサポート、埋め立てと修復のためのプログラムを統合するとグループは述べた。彼らはまた、職人の起源から責任を持って調達された鉱物の利用可能性を高めることを目的とし、紛争や人権侵害がすべての調達および取引活動から欠如することを保証することを目指しています。

グループはまた、事業を展開する国々の経済発展を改善し、職人の鉱山労働者が貧困から抜け出すための方法を作成するために努力します。

「この新しいパートナーシップは、業界と利害関係者に、平和、生計、環境への配慮をサポートするダイヤモンドの共有ビジョンを提供するタイミングです」とフィシュラー氏は付け加えました。

NGOs Merge to Advance Artisanal Mining Sector

NEWS

NEWS一覧