NEWS

News information

  1. HOME
  2. NEWS
  3. コロナの損害を受けたデビアス社の売り上げ状況

コロナの損害を受けたデビアス社の売り上げ状況

コロナウイルスがパイプライン全体のダイヤモンドの需要を押しつぶし、いくつかの鉱山で強制停止したため、第2四半期にデビアスの販売と生産が急降下しました。

「ダイヤモンド原石の需要は、消費者の需要とアフリカ南部へのアクセスに影響を与えるコロナの制限と、特にインドでのロックダウンのために厳しく制限された切削と研磨能力の組み合わせによって大きな影響を受けました」とデビアス社は述べました。

大まかな売上高は、同社が3〜4月の光景(第1四半期)をキャンセルしたため、前年比96%減少して5,600万ドルになりました。顧客は5月と6月の購入をすべて年内に延期することができましたが、鉱山労働者によると、販売量は97%減の30万カラットになり、価格も下落した。

旅行の制限のため、ほとんどの観光客はボツワナでの通常の販売に出席することができませんでした。パンデミックは国際輸送にも影響を与えました。

一方、インドの製造部門の閉鎖により、大まかな需要が減少、国の切断ハブであるスラトの工場は3月に約2ヶ月間閉鎖され、再開プロセスが中断されました。

鉱山労働者が需要の低迷を反映して生産量を下げたため、デビアスの第1四半期の原石生産量は54%減少して350万カラットになりました。コロナウイルスを封じ込めるための南部アフリカ政府による措置も、ボツワナと南アフリカがカナダとナミビアと一緒にその採掘活動の大部分を占めており、会社の運営能力を制限しました。

2020年上半期の販売量は前年同期比44%減の920万カラットになり、平均販売価格は21%減の1ctあたり$119(約¥13,000)でした。同社は1年前よりも低価格の原石の割合が高く、期間全体の平均の原石価格は前年同期比で8%低下。

これらの後退にもかかわらず、デビアス社は通年で2,500万から2700万ctの生産予測を維持しました。ただし、コロナの混乱と「需要の回復のタイミングと規模」に基づいて、この見通しを確認する予定です。

Covid-19 Ravages De Beers Sales

NEWS

NEWS一覧