LOUPE

How to use the appraisal instrument

ダイヤモンドに秘められた世界を鑑賞するには、正しいルーペの使い方を身につけることが必要です。
ルーペの正しいフォームを身につけることで、鑑定力を養うことや奥深さを知ることが可能になります。

ルーペとピンセットの使い方

1.まず、自分の効き目を確認。指を出して
右目➡左目と片方づつ、目をつぶります
その際、指がズレずに見える方が、自分の利き目です。

2.利き手の人差し指をルーペに通します。 利き目ギリギリにルーペを寄せ、位置を固定する。※必ず両目を開けてください。

3.ダイヤモンドを裏側にして、掴んだピンセットをゆっくりとルーペの前に、距離を縮めながら、ピントを合わせます。両手は対象物が揺れないように、軽く指で支え合うと安定します。

4.ピンセットの角度を変えることで、ダイヤモンドの見え方が変わってきます。内側にピントを合わせれば、天然の証の内包物がみつけやすく、小刻みに角度を変えれば、輝きを堪能できます。

蛍光性を知る

ダイヤモンドグレーディング上における「蛍光性」とは、紫外線の中でも長波紫外線への反応の強弱を表すものです。反応を確認するには、ブラックライト(UVライト)をダイヤモンドに当てて、使用します。その結果としては、反応が全くないものから強い青味や黄色を発するものまで様々です。

・主な蛍光性の評価

NONE 蛍光がない FAINT 蛍光が若干ある
MEDIUM BLUE 青系の蛍光がやや強い
STORONG BLUE 青系の蛍光が強い
VERY STORONG BLUE 青系の蛍光が非常に強い


ダイヤモンド入門セットのご紹介

愛でるダイヤモンド入門セット

ダイヤモンド入門セットは本格的な鑑定も可能です。

ダイヤモンドを鑑定する上で一番重要なものはルーペです。男ダイヤモンド推奨はレンズが3枚重なって焦点んを一点に合わせることができる「トリプレットタイプ」です。
また、サイズ感も丁度よく、長時間の鑑賞も可能です。

プロ仕様ピンセット

ダイヤモンドを鑑定する上で一番重要なものはルーペです。男ダイヤモンド推奨はレンズが3枚重なって焦点んを一点に合わせることができる「トリプレットタイプ」です。また、サイズ感も丁度よく、長時間の鑑賞も可能です。

ブラックライト(UVライト)

蛍光性を調べるライトです。
ダイヤモンドグレーディング上における「蛍光性」とは、紫外線の中でも長波紫外線への反応の強弱を表すものです。反応を確認するには、ブラックライト(UVライト)をダイヤモンドに当てて、使用します。その結果としては、反応が全くないものから強い青味や黄色を発するものまで様々です。