HISTORY

輝きに秘められた
歴史を紐解く

数十億年の時を超え、人々を魅了するダイヤモンド。
どのように誕生し、どのように人類と出逢ったのか。
煌めきに秘めた長い歴史を紐解いてみませんか?

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドの誕生

約46億年前に誕生した地球。
それから20億年の地球活動期に地150km、1,400度の高熱と約7万気圧のマグマの中でダイヤモンドは結晶しました。

その後、繰り返される火山活動により地表近くまで押し上げられ、冷えたマグマはダイヤモンドの原石を含んだ「キンバーライト」と呼ばれる岩石になります。

さらに、長い年月をかけてキンバーライトが侵食した結果、ダイヤモンドは川や海などに流れ出しました。

インドで発見されヨーロッパへ

人類とダイヤモンドの出会いは紀元前7〜8世紀頃。インドの川床の砂礫(しゃれき)から原住民によって拾い上げられたとされています。
神秘的で透明度が高く、類稀な硬さを持つこの石は、紀元前4世紀のインドで取引がさかんに行われ、国家の貴重な財源になっていました。

紀元前3世紀になると、インドから海を渡り、イタリアを経てギリシャ、ローマへ。 古代のギリシャ・ローマでは、ダイヤモンドを宝石としての価値よりも、神秘性や呪術的な力や伝説に魅せられていたようです。 しかし、キリスト教の時代になると、神秘性や呪術的な力は迷信として排除され、ローマ帝国分裂以降、ダイヤモンドはヨーロッパの表舞台から姿を消してしまいます。

ルネサンス期に研磨技術が確立

14世紀後半には、ダイヤモンド同士の結晶を擦り合わせる研磨技術がヨーロッパで発見されます。パリでは「研磨職」という職業もあったとか。当時の主流は、原石(正八面体)の形を整え表面を仕上げたポイントカット。この形は、ダイヤモンド本来の力を発揮すると信じられていました。

15世紀に入りベルギーの宝石研磨職人、ルドウィック・ヴァン・ベルケムが現代にも通ずる研磨法を確立してから、カット技術は飛躍的に向上しました。 その後、テーブルカットやローズカットが開発されていきます。

ラウンドブリリアントカットの誕生

17世紀末にベネチアの研磨職人であるペルッツィによって最初の58面を持つオールドマインカットが開発されます。その後、外形が円の形をしたオールドヨーロピアンカットが登場し、ダイヤモンドの輝きと美しさの3つの要素「ブリリアンシー」「ディスパージョン」「シンチレーション」を引き出すことに成功しました。

1919年にはマルセルトルコウスキーにより、ダイヤモンドの光学的特性に基づいたブリリアントカットのプロポーションが発明されます。 これが現在のラウンドブリリアントカットのベースとなっているのです。