QUALITY

本物を見極める

ダイヤモンドは、品質を表すために米国宝石学会(GIA)が制定した国際基準「4C」が存在します。
この、ダイヤモンドに価値を与える「4C」とはどんな要素なのでしょうか?

ダイヤモンドの「4C」

カラット(Carat)

カラットは「宝石の重さ」を表す単位で、相場に一番影響を与えるグレードです。購入時に最も検討される単位として、世の中に浸透しています。

カラー(color)

無色のカラーレスダイヤモンドから色がついたファンシーカラーダイヤモンドまで、様々な色合いがあります。それぞれの種類に応じて、評価の基準も異なります。

クラリティ(Clarty)

インクルージョン(内包物)やブレミッシュ(傷)の割合を評価したものです。鑑定機関では、11段階のグレードで評価しています。

カット(Cut)

古くからダイヤモンドの輝きを引き立たせるために、様々なカットが編み出されてきました。現代においても、ブリリアントカットのような有名なものから個性的なものまで、様々なカットが存在します。

4C以外の評価基準

4C以外にも、輝きを観察したり、蛍光性を調べてたりして、ダイヤモンドの品質を評価することがあります。