VALUE

美しさと利便性を
かねそろえた宝石

長年保管しても品質が変わらないダイヤモンド。
その美しさは人々を虜にするだけではなく、携帯できる資産としても重宝されています。

ダイヤモンドの資産価値

100年前の2カラットのダイヤモンドの卸価格は200円程度であったと言われています。しかし、現在では2カラット400万円以上という高額な価格で売買されるようになりました。つまり、この100年の間で、卸価格が20,000倍になったのです。
経済的なインフレに合わせて、ダイヤモンドの資産価値は上がっていきます。また、ダイヤモンドは長年保管しても品質が下がらないことや、永遠の美しさという部分においても非常に人気がある宝石です。

携帯できる宝石

一方でダイヤモンドは高額の宝石でありながら、1カラット0.2gの重さしかありません。言うなれば、100万円のダイヤモンドでも重さは0.2gしかないということです。この小さいながらも高価な特性は、携帯できる資産としての一面もあります。
例えば、戦火のヨーロッパなどでは、家財道具や金などは運べなかったり見つかりやすいので、携帯できる宝石としてダイヤモンドを重宝していたそうです。

ダイヤモンドの値段はどのように決まる?

ダイヤモンドには宝石の中で唯一「4C」という鑑定評価があり、それに基づいた相場表が存在します。元々は取引を始める上でのひとつの指標として扱われていましたが、近年のアジア圏での商売拡大において、信頼性が非常に高い国際相場「RAPAPORT」が最もポピュラーなものとなりました。

現在この「RAPAPORT」の相場は毎週更新されており、世界中のダイヤモンドに関わる業者が利用しています。また、インターネットが普及した時代において、鑑定評価が信頼に繋がるダイヤモンドは、個人トレードやネットオークションなどの取引も増加しています。