• 2020.08.12

 Alrosaがロシア最大のカラーダイヤモンドを発見

Alrosaは、236カラットの濃い黄褐色のダイヤモンドを回収しました。これは、ロシアで発見された中で最大サイズの天然色ダイヤモンドです。

採鉱者がヤクートのエベリャフ鉱床から回収した石は、推定1億2千万から2億3千万年前のものであると、 Alrosaは語った。同社のUnited Selling Organizationユニットは、ダイヤモンドを研究・評価して、自社で石をカットして磨くか、原石を販売するかを決めました。

一方、採鉱者が契約顧客が通常の原石の割り当てを延期できるようにしたため、Alrosaのダイヤモンドの売上は前年比79%減の3580万ドルでした。

「私たちは長期的なクライアントを前例のない方法でサポートし続け、7月に契約ボリュームの原石を購入することを控える機会を提供しました」とAlrosaのCEO、Evgeny Agureevは述べました。「さらに、非常に困難な市場状況の中のサポートの尺度として、クライアントに対し、さらに柔軟に提供することを決定しました。」

大まかな売上高は86%減の2,270万ドルで、6月と比較してわずかに減少しました。7月の洗練された売上高は、前年の590万ドルと比較して倍増し、1,320万ドルになりました。洗練された売上の増加の多くは、2019年末にAlrosaがロシアのメーカーKristallを買収したことを反映しています。

同社は、7月中にベルギーとイスラエルで10.8カラットを超える大きな原石の「成功」した販売を記録し、スポット取引と呼ばれるアドホック取引で「高価な」石を販売したと述べた。その結果、宝石品質のダイヤモンドの同社の全体的な平均価格は、年初来の平均と比較して、月間で9倍に増加したとAgureev氏は述べています。

2020年の最初の7か月間のダイヤモンドの収益は、前年比48%減少して10億3000万ドルになりました。大まかな売上高は50%減の9億7,800万ドルでしたが、洗練された売上高は48%増の4,900万ドルでした。

アローザ氏は、8月の取引セッションでクライアントに柔軟性を提供するかどうかはまだ決まっていないと、アグリエフ氏は付け加え、同社は「市場の需給バランスにできるだけ早く到達するために必要なすべてのもの」を継続するつもりであると述べた。

Challenges Persist as De Beers Sees Red

ONLINE SALON
資産としてのダイヤモンドを
本気で考える

オンラインサロンへのご登録希望の方は、メールアドレスをご入力ください