• 2020.08.25

JCK Virtualと実際の取引との比較

8月11日から14日まで開催された初めてのJCKバーチャルショーは、このショーが成功した場合、このコロナウイルスで厳しい時代に、企業のビジネスに役立つ新しい展示モデルとなる事を期待するテストする機会でした。このイベントは、2021年のショーに参加した出展者、バイヤー、業界の専門家は参加が無料でしたので、参加することへのマイナス面はほとんどありませんでした。

ただ、『従来の形式に代わるものではない』というのが最初の評価でした。

ニューヨークのロチェスターに拠点を置く卸売業者RDIダイヤモンドのオペレーション担当副社長であるアンドリューリッカードは、「私たちは本当にJCKバーチャルショーがうまくいくことを望んでいましたが、完全に成功するイメージは今のところ見つけられませんでした。」と言いました。 「私たちがショーで連絡したほとんどの人達は、私たちに売り込もうとするベンダー、または私たちと連絡を取ろうとするサービスビジネスでした。小売業界では在庫を追跡したり注文したりすることはほとんどありませんでした。」

リカード氏は先週、ラパポートニュースに、コロナウイルスが原因で中止された伝統的なJCKラスベガスの強みは、対面で関係構築を築く会議の機会にあると語った。彼は歩き回って、他の方法では見逃したかもしれない人々やアイデアに出会うことができると彼は付け加えた。さらに、彼がショーの時間外にクライアントと付き合っている間に多くのビジネスチャンスがが発生します。

オンラインの見本市の現在の形では、それらの視点を見逃しているとリッカードは主張した。彼のJCK Virtualでの売り上げは「ごくわずか」であり、彼の小売業者のクライアントの多くはこのイベントに気づいていないか、その必要性を認識していませんでした。これは休暇前の堅調な消費者需要にもかかわらずでした。

「いつでもズームやクライアントとの電話をかけることができました」とリッカードは説明しました。 「私たちがそれを望んでいたほど、小売業者にとって魅力的だったとは思えません。」

JCKの広報担当者によると、このプラットフォームは直接販売をサポートしておらず、ユーザーはディレクトリを検索して販売者に連絡することしかできなかった。会議のリクエストとスケジュール、ビデオ通話の開催、メッセージの交換、サイトを介したチャットによる発言が可能でした。

インドを拠点とする研磨メーカーDharmanandan DiamondsのゼネラルマネージャーであるJitendra Kasodariyaは、「ショーは、関係を作るのに適していましたが、売上はわずかである」とみました。しかし、物理的なショーの顧客は自分たちの同意で会社のブースを訪れる傾向がありましたが、仮想フォーマットは出展者にクライアントにより積極的に引き付けることを強めました。

「ここでは、顧客にアプローチしなければならなかったため、それは別の経験です」とJitendra Kasodariyaは言いました。

香港を拠点とするファンシーカラーダイヤモンドのサプライヤーである昆明インターナショナルのエグゼクティブディレクターであるHarsh Maheshwariにとっても、売り上げと価値あるやり取りが大きな問題でした。サイト自体はユーザーフレンドリーであり、バイヤーと売り手をマッチングするためのツールは有益であり、教育セッションも同様であると彼は考えました。

「JCKでは、多くの行動があり、アメリカ市場の動向を理解し、最新のトレンドを理解し、貿易の方向性を理解していました」とMaheshwari氏は述べています。 「バーチャルショーでは、私が普段気にかけているクライアントやベンダーをあまり見かけませんでした。」

『ハイブリッドモデル』

出展者は、物理的なショーが不可能である限り、仮想展示は有望なオプションであることに同意しました。潜在的な方向性の1つは、バーチャルショーがネットツールとして一年中開催され、ウイルスの状況が落ち着けば、実際の会議を補完することです。バーゼルワールドに代わるアワーユニバースの主催者は、そのコンセプトに従う計画で、恒久的なオンラインプラットフォームとともにバーゼルで毎年恒例のショーを開催します。

JCKはハイブリッドモデルも目指しており、参加者と出展者は、バーチャルショーが提供する「比類のない新しいモダンな体験」を認めただけでなく、フィジカルフェアに戻ることも楽しみにしていました。

主催者のリードジュエリーグループのグループバイスプレジデントであるサリンバックマン氏は、オンライン教育、製品閲覧、バーチャルミーティングを通じてつながりを感じたと参加者は語った。ただし、「デジタルエクスペリエンスは、対面のトレードショーやイベントのエクスペリエンスに取って代わることも、完全に再現することもできないことは明らかでした。参加者は、製品に触れて感じたり、社交や交流を行うことができます。」

『みんなを魅了する』

もう1つの課題は、何千人もの人々が一度に1か所に集まり、1週間以上ジュエリーを購入、販売、議論する以外に何もしないトレードショーの雰囲気を再現することです。

多くのフィジカルショーは、以前よりもはるかにカジュアルな設定でスピーカーイベントを開催し始め、1時間を費やすのではなく、出入りするように人々を促しています。業界の多くは忙しいパンデミックウェビナーのスケジュールにうんざりしており、教育セッションがバックグラウンドで行われている間に、仕事に慣れるようになっているため、自粛で家にいる人々からの関与はさらに困難です。

さらに、仮想ショーはこれらをが作れるかどうかの問題を提起しています。

Challenges Persist as De Beers Sees Red

SNSでシェア

SNSをフォロー