• 2020.08.04

インド、原石バイヤーからの「自己規律」を要求

インドの業界​​リーダーは、ダイヤモンドの需要が依然として不透明であることに言及して、Covid-19危機の間にラフな輸入に対する制限の要求を更新しました。

宝飾品輸出振興協議会(GJEPC)と他の4つの貿易機関は、メンバーに対して「自己規律を維持」を伝え、現在の需要に合わせて購入するよう指示しています。彼らはまた、メンバーに「細心の注意を払うこと」そして、自身の在庫と負債を減らし続けるように促しました。

協議会は金曜にメンバーへ手紙で、Suratの研磨工場は20%から30%のキャパシティで操業していると伝え、状況がより正常になるには「数か月」かかる可能性があると予測した。その間、小売需要は遅れ、健康状態は不明であると彼らは付け加えた。

「市場全体の悪化を犠牲にしてまで短期的な利益を最大に得ようとすることは、今日の不確実な時代に賢明な判断ではないだろう」と説明した。嘆願の背後にある他の組織は、ムンバイのバーラットダイヤモンド証券取引所、ムンバイダイヤモンドマーチャント協会、スラトダイヤモンド証券取引所、およびスラトダイヤモンド協会である。

最新の指示は、大まかな輸入を全面的に停止することを推奨する貿易機関の以前の指令よりも柔らかくなっています。彼らは当初、5月15日から30日間の凍結を承認し、その後6月1日まで指令を延期しました。その後、7月10日から31日までの輸入に反対しながら、7月の初めに商品を出荷するための10日間のウィンドウを導入しました。

Challenges Persist as De Beers Sees Red

SNSでシェア

SNSをフォロー