• 2021.09.05

輝く第3の目は血を流す!見えるのは真実か、破壊か。

ヒンドゥーの神“シヴァ”をご存知だろうか。

インドやネパールでは絶大な力を持つ神と崇められている。

慈悲の心を持つ、破壊神。

蛇を首に巻きつけ、頭からはガンジス川が流れるシヴァ神。

聖なる牛ナンディに乗り、額に第3の目をもつその姿は強烈だ。

アメリカのラッパーLil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)。

彼がシヴァ神を知っているかは定かではない。

ただその額に“瞳”ならぬ“ダイヤモンド”を埋め込んだのは今年初めのこと。

宝石商Elliot Eluantteから購入したピンクダイヤモンド。

10カラット超えのダイヤモンドで価格は2,400万ドル。

日本円にしておよそ25億3,000万円というから驚きだ。

「2017年からコツコツ支払ってきた」と語る件の石を彼はどうしたか。

なんと“自分の額”に埋め込んだ。

糊で貼り付けたわけではない。

正真正銘、額にメスを入れ頭蓋骨に埋め込んだのだ。

医師に言わせると「自殺行為」らしい。

そりゃ、そうだろう。

考えるだけで頭が痛くなる。

実際、血を流す写真を見るに安全ではなさそうだ。

彼自身ツイッターでつぶやいている。

“正しい方法で摘出しないと死ぬ可能性がある”

破壊と創造の神シヴァの額の目は“真実”を見極めるもの。

リル・ウージー・ヴァートには何かが見えたのだろうか?

世界を大いに騒がせたダイヤモンドだが手術から4ヶ月。

彼の額からダイヤモンドは消えた。

どうやら再手術をして外したらしい。

「全身ダイアモンドに」と豪語していた彼の夢は潰えたのか。

真相は分からないが個人的には額に付ける、というのは戴けない。

生命の危険ももちろんだが、何よりその輝きが見えないじゃないか。

光りを受けて放たれる“眩いばかりの輝き”

持ち主が自分で見ることが出来ないなんて、不幸でしかない!!

SNSでシェア

SNSをフォロー