• 2021.08.26

ダイヤモンドの価値はなぜ高いの?その理由を探る!

ダイヤモンドはなぜ高い?

無色透明のダイヤモンドは、サファイヤやエメラルドなど他のカラーストーンと比べると、価値がとても高いという特徴があります。どの宝石も美しいのに、なぜダイヤモンドだけが高いのか、その理由は何なのでしょうか?

ダイヤモンドが高い理由は、その希少性にあります。つまり、他の宝石と比較すると、ダイヤモンドは採掘量がとても少ないのです。この鉱石が採掘できる場所は世界の中でも限られていますし、採掘できる量も限られています。また、宝石グレードの美しい石を採掘できる確率も少ないため、どうしても希少性が高くなってしまいます。

ダイヤモンドの歴史について!

人類の歴史においては、ダイヤモンドよりも色のついたエメラルドやサファイヤなどの宝石の方が、価値がある宝石だと考えられてきました。しかし、宝石大国であるインドでは、紀元前からダイヤモンドが美しく輝く硬い石として注目されていました。しかし、宝石としての価値を見出されるようになったのは、インドとヨーロッパの貿易が活発になる中世に入ってからのことでした。

ダイヤモンドが現在のように高価な宝石として取り扱われるようになったのは、17世紀に入ってからです。この頃からインドのダイヤモンド採掘量が激減し、希少性が高くなり、それに伴って取引価格も高騰しました。

ダイヤモンドの今後の価値とは?

ダイヤモンドの希少性は、今後も続くと考えられています。20世紀に入ってからアフリカのダイヤモンド鉱山では、大きなダイヤモンド原石がいくつか発見されていますが、採掘量や流通量は、世界のダイヤモンド鉱山を所有するデビアス社が一元管理しているため、今後も希少性と高価な価値は守られていくと考えられています。

ダイヤモンドの選び方・ポイントを解説!

ダイヤモンドの品質は、4Cによって決まります。無色透明で傷が少なく、石の輝きを最大限に生かしたカット方法、そしてサイズが大きな石ほどダイヤモンドとしての価値は高くなります。ダイヤモンドを選ぶ際には、4Cを意識した選び方をすると良いでしょう。また、天然ダイヤモンドを購入する際には、品質を評価した鑑定書がついてきます。資産としてダイヤモンドを所有するなら、こうした点にも注意することをおすすめします。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドを身に着けるなら、ジュエリーとして身に着けるのがおすすめです。メンズ向けのダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、どんな商品が人気なのでしょうか?

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

OTOKO DIAMONDが取りあつかうメンズ向けダイヤモンドジュエリーの中でも、人気が高いのは襟元のオシャレにピッタリなパーチです。無色透明なダイヤに加えて、ブラウンやイエローなどのファンシーダイヤも幅広く取り扱っているOTOKO DIAMONDなら、気に入ったダイヤモンドジュエリーがきっと見つかります。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDが取り扱うパーチの中でも1つ目のおすすめは、0.325ctの無職ダイヤをラウンドブリリアントカットにし、プラチナ台にセッティングしたパーチです。スッキリとしたシンプルなデザインながらも、ダイヤが持つ洗練された高級感を堪能できます。

2つ目のおすすめは、0.109ctの無色透明ダイヤをプリンセスカットにし、プラチナ台にセッティングしたパーチです。直線的なラインがメンズらしさを引き立てるとともに、ダイヤの高級感を感じられます。

3つ目のおすすめは、0.653ctの無職ダイヤをペアシェイプカットし、プラチナ台にセッティングしたパーチです。カラットよりも大きく見えるペアシェイプが、ダイヤモンドの美しさと存在感を引き立てます。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、ルースダイヤも多数取り扱っています。カット研磨済みのルースから原石まで、幅広く充実したラインナップなので、気に入ったルースがきっと見つかるでしょう。

その中でも1つ目のおすすめは、ブラウンダイヤ0.10ctとソーヤブル原石0.23ctがセットになったルースです。ラウンドブリリアントカットを施されたルースは、深みのあるブラウンカラーが落ち着いた雰囲気を引き立ててくれますし、原石はルーペでインクルージョンを楽しみたい人におすすめです。

2つ目のおすすめは、インクルージョンを楽しみたい人に人気のメイカプル原石です。三角形にカットされた天然ダイヤは無色透明で、ダイヤが持つ神秘的な輝きと美しさを堪能できます。

3つ目のおすすめは、1.207ctのブラウンダイヤをラウンドブリリアンカットに仕上げたルースです。落ち着きのある深みのあるファンシーダイヤはVS-2グレードで、ベリーグッドカット評価がされています。

まとめ

ダイヤモンドは他の鉱石よりも高い希少価値があります。そのため、取引価格も高く、この希少性は今後ますますアップすると考えられています。人類の歴史においては、ダイヤモンドが高価な宝石となったのは17世紀ごろに入ってからですが、インドでは紀元前から硬い石として愛されてきたという歴史があります。

SNSでシェア

SNSをフォロー