• 2021.08.26

エンゲージメントリングの意味が素敵!マリッジリングの違いとは?相場はどのぐらい?

エンゲージメントリングとは?意味や由来について!

エンゲージメントリングとは、和名では婚約指輪と呼ばれています。これは、結婚の約束をした証として、男性が女性へ送る指輪という意味を持ちます。エンゲージメントリングの由来は古代ローマまで遡り、当時では結婚の約束は家同士の契約だと考えられていたため、男性の家から女性の家に対して手付金という意味で、エンゲージメントリングが贈られていたのだとか。

エンゲージメントリングを贈るタイミングとは?

エンゲージメントリングというと、男性が女性へプロポーズする時に贈るというイメージがあります。確かに、そうした贈り方も素敵ですし、ロマンチックです。しかし、結婚の約束をした証という意味でエンゲージメントリングを贈るのなら、YESかNOか答えが不透明なプロポーズのタイミングで贈らなくても、プロポーズの答えがYESだと分ってから贈るという方法でも、決して間違いではありません。

マリッジリングとの違いは?

エンゲージメントリングとマリッジリングは、どちらもブライダルリングです。しかしマリッジリングは、結婚した二人がお互いに交換する指輪なのに対して、エンゲージメントリングは男性が女性に贈るもので、女性から男性へ贈るものはありません。この点は、大きな違いと言えます。

また、指輪のデザインや形状も、エンゲージメントリングとマリッジリングの違いです。どちらも唯一無二の二人の愛の形として示すという意味がありますが、エンゲージメントリングは一粒ダイヤモンドがセッティングされた華やかさを重視したリングが人気です。しかしマリッジリングは結婚した二人が日常的に身に着ける指輪なので、華やかさよりは、幅広いシーンに合う利便性を重視したリングが人気です。

気になる相場はどのぐらい?

日本がバブルの時代には、エンゲージメントリングの相場は男性のお給料の3倍と言われていた時期がありました。しかしこれは、女性の憧れという位置づけで、決して相場ではありません。婚約指輪を購入したカップルの平均を見ると、約30万円程度が相場となっています。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドを身に着けるなら、高品質の天然ダイヤモンドを選びたいものです。メンズ向けのダイヤモンドなら、どんなアイテムが人気なのでしょうか?

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けダイヤモンドジュエリーを取り扱っているOTOKO DIAMONDでは、幅広いシチュエーションで活躍してくれるパーチが人気です。ダイヤモンドは色やカット方法、サイズなどによって異なる表情を見せてくれますし、プラチナやゴールドなどセッティングする貴金属との組み合わせによって、多種多様な雰囲気に仕上がります。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、たくさんのパーチがラインナップされています。その中でも1つ目のおすすめは、0.12ctの無色透明ダイヤモンドをプリンセスカットにし、プラチナ台にセッティングしたパーチです。洗練された高級感に加えて、プリンセスカットによるソフトな雰囲気を楽しめる商品です。

2つ目のおすすめは、ダイヤモンドの存在感を主張したい人にピッタリな商品で、0.653ctの無色透明ダイヤモンドをペアシェイプにカットし、プラチナ台にセッティングしたパーチです。カラットよりも大きく見えるペアシェイプされたダイヤモンドは、圧倒的な高級感と華やかさを演出してくれます。

3つ目のおすすめは、イエローカラーのファンシーダイヤをスクエアカットし、イエローゴールド台にセッティングしたパーチです。華やかさを重視したい人にピッタリの商品で、直線的なラインが男性らしさを引き立ててくれます。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、ルースダイヤも多数取り扱っています。その中でも1つ目のおすすめは、0.301ctのトリプルエクセレントカットが施されたダイヤモンドで、ジュエリー加工すれば世界に一つだけのオリジナルジュエリーに仕上がります。無色透明のダイヤモンドはDカラーで、高品質な天然ダイヤモンドです。

2つ目のおすすめは、ルーペで石の内部のインクルージョンを楽しみたい人におすすめのソーヤブル原石です。OTOKO DIAMONDではダイヤモンド原石を多数取り扱っていて、色味やサイズ、石の透明度などが異なります。その中でもルース初心者に人気なのは、ブラウンカラーの0.19ctダイヤで、正八面体にカットされたダイヤは、原石が持つ素朴さと、ダイヤが持つ透明感を一度に単能できる原石です。

3つ目のおすすめは、0.25ctのソーヤブル原石と、ラウンドブリリアントカットが施された加工済みのブランダイヤ0.10ctのルースセットです。原石はルーペで楽しみ、加工済みの石はジュエリー加工しても良いですし、資産やお守りとして身に着けるのも良いでしょう。

まとめ

ブライダルリングの一つであるエンゲージメントリングは、婚約の証として男性から女性へ贈る指輪です。お互いに交換するマリッジリングとは異なります。相場は約30万円程度ですが、石のサイズや素材、デザインなどによって価格は異なります。

SNSでシェア

SNSをフォロー