• 2021.08.25

世界五大宝石とは?飽食時代で5つ目が決まらない?有力はアレキサンドライト?それとも碧玺の翡翠?

世界五大宝石とは?

世界四大宝石は、多くの人が知っています。ダイヤモンドやルビー、サファイヤとエメラルドの4つの宝石のことで、これらは希少性が高く、硬度が高く、そして美しい輝きがあるという共通点があります。

それでは、世界五大宝石はどうでしょうか?世界四大宝石なら知っていても、世界五大宝石は聞いたことがないという人は、意外と多いものです。その理由は、5つ目の宝石は世界共通ではなく、国や文化、地域によって異なるからなのかもしれません。

世界四大宝石との違いや国別によって異なる違い!

5つ目の宝石が何かは、その国や文化によって異なります。アレキサンドライトだという国もあれば、碧玺やブラックオパールだという地域もありますし、翡翠やパールを5つ目の宝石にしている所もあります。ちなみに、このアレキサンドライトは、青紫色から赤紫色など色の変化を楽しめる宝石です。また、ブラックオパールは、強い遊色効果が特徴的な宝飾です。翡翠は、エメラルドと同じグリーンの宝石で、美しい輝きがあります。それぞれ特徴が異なるため、どれも優越をつけがたい宝石が、5つ目の世界五大宝石となっているわけです。

世界四大宝石だけでも十分という説もあれば、飽食状態となって5つ目の宝石を決めたい国や地域が増えたという説もあります。候補はたくさんあるものの、希少性や美しい輝きという点では、アレキサンドライトが世界五大宝石だと考える説が有力です。

世界五大宝石の種類を解説!

世界五大宝石の1つ目は、ダイヤモンドです。モース硬度は最硬で、鉱物の中では最も高く、希少性も高いという特徴を持つ鉱石です。宝飾としては無色透明なものが高品質と考えられますが、カラーダイヤモンドはファンシーと呼ばれていて、希少性が高く、高額で取引されています。

2つ目は、ルビーです。コランダムの中でも赤いものだけがルビーと呼ばれる希少性があり、色が濃いものほど希少性は高くなります。

3つ目は、サファイヤです。ルビーと同じコランダム鉱物で、赤色以外はすべてサファイヤに分類されます。青色がよく知られていますが、他にもグリーンや黄色、紫など、多種多様な色があります。高評価されるサファイヤはロイヤルブルーなど、鮮やかで透明感のある青色のものです。

4つ目は、エメラルドです。天然ベリルに分類される鉱物で、石の中にインクルージョンが入りやすいという特徴があります。また、他の石と比べると、モース硬度が7で割れやすいという特徴があります。

5つ目の宝石として、中でも有力候補となるアレキサンドライトは、光によって色が変わるという特徴を持つ、天然クリソベリル鉱物です。キャッツアイ効果を持つ石も多く、石ごとに異なる雰囲気や表情を楽しめる点が魅力です。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

世界五大宝石の一つであるダイヤモンドを身に着けるなら、高品質のジュエリーを選びたいものです。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、カジュアルなシーンからビジネス、パーティシーンまで、活躍できるパーチが人気です。多種多様な商品がラインアップされているので、気に入った商品がきっと見つかります。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDの中でも1つ目のおすすめは、0.1ctのイエローダイヤモンドをプリンセスカットにしたものを、イエローゴールドにセッティングしたパーチです。華やかさが魅力の商品ですが、コンパクトなサイズなので悪目立ちしません。

2つ目のおすすめは、スクエアカットを施した無色透明な0.12ctダイヤをプラチナにセッティングしたパーチです。直線的なラインがメンズらしさを引き立て、洗練された高貴な雰囲気を楽しめます。

3つ目のおすすめは、イエローダイヤモンド0.10ctをスクエアカットにし、イエローゴールドにセッティングしたパーチです。中央に行くほど濃くなり、引き込まれるような神秘的な雰囲気があります。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、ルースダイヤも多数取り扱っています。その中でも1つ目のおすすめは、ブラウンダイヤの原石とラウンドブリリアントカットを施した加工済みルースのセットです。深みのあるブラウンはファンシーダイヤとして魅力があり、ソーヤブル原石で正八面体にカットされています。

2つ目のおすすめは、三角形にカットされたメイカブル原石です。大きさは0.81ctと大きめで、無色透明な原石を楽しめます。ルーペでインクルージョンを楽しみたくなるルースです。

3つ目のおすすめは、カーキ色のニアジェム原石です。不透明な原石で、立方体にカットされています。

まとめ

世界五大宝石は、従来の世界四大宝石に加えて、アレキサンドライトや翡翠、ブラックパールなど、世界の国や地域によって5つ目の宝石は異なります。世界四大宝石はどれも希少性が高く、美しい輝きがあり、モース硬度が高いという共通点があるため、5つ目はアレキサンドライトが有力という説もあります。

SNSでシェア

SNSをフォロー