• 2021.08.24

指輪の大きさを測りたい!どんな測り方をすれば良い?

簡単に出来るサイズを測る方法!

指輪の大きさを測るためには、まずどの指につけるかを考えた上で、その指のサイズを測る必要があります。指はそれぞれ大きさが異なるので、間違った指のサイズを測ってしまうと、着用したい指にきつ過ぎて入らなかったり、逆に緩すぎるとブカブカしてしまうという事態になりかねません。

また指の大きさは、朝はスッキリ細くても夕方になるとむくんで太くなることが少なくありません。リングのサイズを測りたいなら、一日の中で数回指の大きさを測り、平均を自分のサイズにすると良いでしょう。

指輪のサイズ測り方には、サイズ棒を使う方法やリングゲージを使う方法、そうしたアイテムを持っていない人のための測り方など、たくさんの方法があります。

サイズ棒を使ってリングサイズを測る!

既にピッタリの指輪があるけれど、サイズを覚えていないという人は、サイズ棒を使った測り方が便利です。サイズ棒とは、リングサイズが表記されている棒のことで、上部が細く、下部は太目になっているのが特徴です。リングを載せるとそのサイズの所でフィットするので、そこに表記されている大きさが自分のサイズとなります。

リングゲージを使用してサイズを測る方法!

リングゲージは、指輪が大好きでこれからもいろいろなリングを購入しようと考えている人なら、持っているととても便利なアイテムです。プラスチックや金属のゲージには、さまざまなサイズのリングがついていて、実際にリングを指にはめてサイズを測ることができます。女性でも男性でも使えますが、指が細い人なら1号から揃っているゲージを選ぶことをおすすめします。

あると便利なリングザイズ対応表を紹介!

リングサイズは、国によって異なります。例えば日本の女性の平均的な薬指のサイズと言われている9号は、アメリカの規格では5号、イギリスの規格ならJ 1/2号、フランスの規格では50号となります。規格は変わっても、このサイズはリングの内周がすべて49mmという点で共通しています。

男性の平均サイズ20号は、アメリカ規格で10号、イギリス規格ではT1/2号、フランス規格では62 1/4号となります。こちらも内周は61.6mmとなっており、共通しています。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドジュエリーを選ぶなら、高品質のダイヤモンドを使ったジュエリーを選びたいものです。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、襟元がキラリと光るパーチが大人気です。大きめの石を使った華やかなアイテムから、どんなシーンでも悪目立ちしない小ぶりのアイテムまで、OTOKO DIAMONDならきっとお気に入りの逸品が見つかります。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDの中でも1つ目のおすすめは、シャンパンブラウンカラーの0.3ctダイヤを、シャンパンゴールド台にセッティングしたパーチです。馴染みやすい色感が魅力的な商品で、普段使いしても悪目立ちしません。

2つ目のおすすめは、0.2ctの無色透明ダイヤモンドをプラチナ台にセッティングしたパーチです。スッキリとした洗練された高級感がある商品で、普段使いからパーティシーンまで幅広く活躍してくれます。

3つ目のおすすめは、コニャックブラウンカラーのダイヤをイエローゴールドをあわせたパーチです。ダイヤモンドは0.20ctで、深みのあるブラウンカラーが神秘的な雰囲気を高めてくれます。またイエローゴールドが華やかさをアップすることで、ゴージャスな雰囲気を楽しみたい人におすすめです。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、ルースも数多く取り扱っています。その中でも1つ目のおすすめは、インクルージョンを楽しめるソーヤブル原石0.2ctと、ラウンドブリリアントカットを施されたシャンパンブラウンダイヤ0.1ctのセットです。原石はルーペで楽しむようにキープし、カット研磨済のものはそのままジュエリーとして加工できます。

2つ目のおすすめは、0.358ctの無色透明ダイヤをラウンドブリリアントカットに仕上げたルースです。高品質なルースで、OTOKO DIAMONDが取り扱うルースの中でもナンバーワンの人気があります。

3つ目のおすすめは、カーキ色の不透明なニアジェム原石0.79ctです。原石らしい素朴さを感じられるルースで、ルーぺでインクルージョンを楽しむことはできません。しかし、表面から感じ取れるダイヤモンドならではの無限のポテンシャルを感じさせてくれるルースです。

まとめ

指輪のサイズは、サイズ棒やリングゲージなどを使った測り方が便利です。指ごとにサイズが異なるので、リングを選ぶ際にはどの指につけるかを考えた上で、適切な指のサイズを測りましょう。

SNSでシェア

SNSをフォロー