• 2021.08.24

天然ダイヤモンドと偽物の見分け方!この方法なら簡単に見分けられる!

偽物ダイヤモンドとは?

偽物ダイヤモンドとは、天然のダイヤモンドという鉱石ではなく、見た目がとても良く似た別の素材を使ったものです。よく使われる偽物素材には、ジルコンが挙げられます。ジルコニアとして販売されることが多い鉱石で、ダイヤモンドと同じ無色透明の輝きがあります。

人類の歴史の中で、古くから偽物ダイヤモンド素材としてよく知られてきたのが、ガラスです。しっかり研磨するとダイヤとよく似た耀きが生まれますが、傷がつきやすいという性質があります。そのため、素人でも見分けることはそれほど難しくありません。

その他にも、人工ガーネットや合成ルチルなどの偽物もあります。これらはダイヤモンドよりも輝きが強いという性質があり、華やかさを重視したい人なら、ダイヤモンドよりもこれらの偽物を選んだほうが満足度が高いケースもあります。

偽物のダイヤモンドの見分け方!

偽物ダイヤの見分け方には、いくつかの方法があります。1つ目におすすめの方法は、スクラッチテストです。ダイヤモンドは他の鉱石と比較すると、ずば抜けた硬度があります。表面に傷がつきにくいのです。そのため、ガラスなどとこすり合わせると、硬度が低い偽物に傷がつくので、見分けられます。

鼻息を吹きかけてみるという方法もあります。熱伝統率が高いダイヤモンドに息を吹きかけても、曇るのは一瞬だけです。しかし偽物ダイヤは熱伝導性が低く、曇りがいつまでも消えずに残ります。

水を石の上に一滴垂らして、撥水性を見るという方法もおすすめです。ダイヤモンドは水をはじくため、一滴たらした水は球に近い形になります。しかし偽物は撥水性が弱くて水は石の表面に張り付くので、水は潰れて平べったい形となります。

人工ダイヤモンドについても解説!

ダイヤモンドには、希少性が高い天然ダイヤモンドに加え、ラボで作った人工ダイヤモンドもあります。生成方法は異なるものの、物理的な性質は同じなので、水をかけたり息を吹きかける方法では見分けることはできません。

天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドの見分け方は、石の屈折度を見るという方法がおすすめです。ダイヤモンドは石の屈折度が高いため、石を通して新聞などの文字を読み取ることはできません。しかし人工ダイヤモンドは、生成過程ではニッケルなどの触媒が必要となるため、屈折度は劣ります。そのため、石を通しても文字が読めるものが多いです。

ダイヤモンドを購入するなら鑑定書をもらおう

天然ダイヤモンドと偽物や人工石の見分け方の中には、とても簡単な方法もあります。それは、ショップで購入すると、天然ダイヤモンドの場合には4Cに基づいた鑑定書がついてくるので、鑑定書がついてくれば本物、ついてこなければ偽物と考えるという方法です。購入に際して大きな安心感を得られるでしょう。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドジュエリーを選ぶなら、やはり美しい輝きのある天然ダイヤモンドを選びたいものです。メンズ向けのダイヤモンドジュエリーには、どのような商品が人気なのでしょうか。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、幅広いシチュエーションで活躍してくれるパーチが大人気です。ダイヤモンドの色やカラット、カット方法によって異なる雰囲気を持つ商品が充実していて、気に入った商品がきっと見つかります。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDが取り扱うパーチの中でも1つ目のおすすめは、シャンパンブラウンカラーの0.1ctダイヤをラウンドブリリアントカットし、プラチナ台にセッティングした商品です。石の中央が濃いブラウン色に見えることで、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

2つ目は、無色透明ダイヤ0.2ctをプラチナ台にセッティングしたパーチです。スッキリとした高級感と洗練された輝きを堪能できる商品で、パーティなど華やかなシーンにもぴったりです。

3つ目は、イエローカラーの0.1ctダイヤをプリンセスカットし、ピンクゴールド台にセッティングしたパーチです。肌になじみやすい色合いが魅力的な商品で、ダイヤが持つ美しさと華やかさを満喫できます。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、ルースダイヤも数多く取り扱っています。カット研磨済みのルースもあれば、未加工のルースもあります。その中でも1つ目のおすすめは、透明なブラウンカラーが美しいソーヤブル原石で、0.23ctというサイズ感が人気です。

2つ目は無色透明のソーヤブル原石で、正八面体にカットされた0.17ctダイヤが使われています。透明感のある原石は、まさにダイヤモンドの高級感を感じられることができ、ダイヤモンドの原石らしいルースが欲しい人に人気です。

3つ目のおすすめは、無色透明のメイカブル原石です、0.79ctと大きめサイズですが、原石なのでリーズナブルに購入できる点が魅力です。

まとめ

ダイヤモンドには、人工的に生成した人工ダイヤや、ジルコニアなど別の鉱石で作った偽物ダイヤなどがあります。ダイヤモンドでなければ購入時に鑑定書はついてきませんが、鑑定書の有無にかかわらず見分ける方法はいくつかあります。

SNSでシェア

SNSをフォロー