• 2021.07.30

色が豊富なジャスパーってどんな宝石?宝石言葉や意味は?

ジャスパーってどんな宝石?

宝石として身に着けるよりも、パワーストーンとして身に着けることで知られているジャスパーは、地球から採掘できる鉱物です。カルセドニーの一種で、色のラインナップが充実しているという特徴があります。このカルセドニーという鉱物は、大きく分類すると、不透明なジャスパーや半透明なアゲート、それ以外の3グループに分けられます。アゲートにはペリドッドなどが分類されているので、ジャスパーはアゲートの遠い親戚にあたる鉱石だと言えるでしょう。

ジャスパーは石が不透明で、色が綠や黄色、赤や青など多種多様です。単色のものもあれば、目玉模様や縞模様が入っているものなどもあり、並べると同じ鉱石とは思えないほどです。石の模様を作っている成分は鉱石の中に含まれている不純物だと考えられますが、ジャスパーは他のカルセドニー鉱石と比較すると、不純物の含有量が多めの石と言えます。

この石には、とても古い歴史があります。紀元前4000年あたりにはすでに南アジアのメヘルガルで弓を作るために使用されていたという記録が残っていますし、ギリシャにあるクノッソス遺跡でも、紀元前1800年ごろにミノア文明で作られたと言われている印章が見つかっています。ジャスパーには美しい色や模様があり、彫刻しやすい硬度という点で、古代から置物や壺、印章などに使われてきた鉱石だったのです。

石言葉や意味について!

ジャスパーという名前は、「斑点がついている石」という意味の古代フランス語のJaspre、ラテン語のJaspidem、もしくはギリシャ語のJaspisなどの言葉に由来していると考えられています。さらにさかのぼると、ヘブライ語やペルシャ語、アラビア語にもたどり着くことができ、このことからも人類の歴史と長い関係がある鉱石だということが分かるのではないでしょうか。

ジャスパーの宝石言葉は「疲れを緩和する」「肉体と精神の調和」です。石の色によって得られる効果は若干異なりますが、どの色の石を身に着けていても、この石言葉から得られる効果は期待できるでしょう。

どんな色や種類があるの?

ジャスパーにはたくさんの色があります。石英の結晶が結合して作られた鉱物で、そこにさまざまな不純物が混ざることから、色や模様の違いが生まれました。この石には、赤やオレンジ、緑や青など様々な色があり、それぞれ呼び方が異なります。

例えば、赤い色をしたものならレッドジャスパーを呼ばれますし、緑色ならグリーンジャスパー、黄色のものはイエロージャスパーと呼ばれています。その他にも、明るい色の石に目玉模様が入ったものはオビキュラージャスパー、石の模様が風景のように見えるものはピクチャージャスパーなどと呼ばれます。

ジャスパーは和名を碧玉(へきぎょく)と言い、弥生時代から勾玉や管玉などの装飾品として加工されてきました。島根県の出雲で砕石される出雲石を始め、青森県の津軽地方で採掘される錦石なども、ジャスパーが混じっていたと言われています。また、奈良県の曽我遺跡は、当時の勾玉加工の中心的なロケーションだったこともあり、装飾品に加工されたジャスパーが数多く発見されています。

ジャスパーの気になる効果とは?

ジャスパーには、どの色や模様にも共通して、心身のバランスを整えるという効果があります。しかし、石の色が変わることによって、石が持つエネルギーや効能が異なるため、ジャスパーをパワーストーンとして身に着ける場合には、どの色がどんな効果を持っているのかを理解することで、より満足できる自分自身へと近づけることでしょう。

例えば、レッドジャスパーには、エネルギーを活性化させる効果があります。

ダークグリーンとブラックの2色が混じり合ったカンババジャスパーには、仕事運が向上するという効果があり、仕事や受験などで成功したい人に一押しです。

青い色が美しいオーシャンジャスパーには、内臓機能が高まる効果が期待できます。健康が気になる人や長寿を目指したい人におすすめです。

模様が入ったジャスパーもまた、それぞれ持っている効果が異なります。

まだら模様のダルメシアンジャスパーには、判断力や決断力が向上する効果が期待できます。集中力を高めたい人にもおすすめの石ではないでしょうか。

縞々模様のゼブラジャスパーは、ユーモアを与えてくれます。毎日を肩の力を抜いて楽しみたい人が身に着けると、緊張が解けてリラックス効果が期待できるでしょう。

ピクチャージャスパーは、所有する人に賢者の知恵を授けてくれる効果が期待できます。新しいひらめきや発想が欲しい人にはおすすめの石です。

まとめ

古代から装飾品として加工されてきたジャスパーは、心身のバランスを保ち、ネガティブなエネルギーを浄化して、ポジティブなエネルギーを引き寄せてくれる魔除けとしての効果もあります。健康運や仕事運など、石の色や種類によって得られる効果が異なるので、石を選ぶ際には効果を考えた選び方をしたいものです。

SNSでシェア

SNSをフォロー