• 2021.07.29

スピネルとはどんな宝石?価値と魅力がすごい!

スピネルとは?その真の魅力に迫る!

スピネルとは、特定の宝石の名前ではありません。これは、異なる化学構造を持つ鉱物グループにつけられているグループ名です。鉱物の中でも透明度が高く発色が美しいものは、特定の宝石名がつけられて区別されますが、それ以外のアルミニウム系の鉱物の多くは、スピネルと分類されます。

スピネルはコランダムと間違えられやすい鉱石ですが、実際には酸化鉱物の一種です。モース硬度は7.5~8と比較的高めで、和名では尖晶石と呼ばれています。

スピネルは鉱物グループ名のため、石の質感や色は多種多様です。スピネルというと、透明度が高い赤色のものが人気ですが、それ以外にも青や黄色、緑や黒色などさまざまな色があります。これらの色は、鉱物の中にどんな物質が含まれるかによって異なり、鉄やクロム、マンガンなど何が含まれるかによって鉱石の色が変わります。

ちなみにスピネルの中でも赤色をしたものは、ルビーとよく似た耀きを持つ石もあります。ルビーとスピネルが異なる鉱石だと判明したのは1783年のことで、それまでは赤いスピネルはルビーやサファイヤと同じコランダム系鉱物に分類されていたこともあり、ルビーとして取り扱われてきたこともありました。

意味や気になる石言葉について!

スピネルには、「好奇心」「挑戦」「ポジティブ」などの石言葉があります。多種多様な色がある宝石で、色によっても石言葉は若干異なりますが、どの色の石でも目標を達成するために必要なエネルギーを呼び込めるという特徴があります。パワーストーンやジュエリーとしてスピネルを身に着ける事で、自分自身の好奇心が旺盛になり、仕事に関しても恋愛に関しても目標をより明確にできる洞察力を手に入れることができます。その結果、目標をより具体化でき、現実化に向けて取り組むためのエネルギーも手に入れることができます。

気になるスピネルの効果とは?

スピネルを身に着けると、所有者のエネルギーを活性化させることができます。それにより、新しいものへ挑戦したいという積極性が生まれたり、自分や他人の長所を見つけたりする力を手に入れることができます。他人の良い所がより見えるようになるので、対人関係においてはコミュニケーションが以前よりもスムーズにいくでしょう。

スピネルは、色によって得られる効果が少しずつ異なります。例えば、この宝石の中では人気が高い赤色やピンク色の石は、内面に潜む不安を解消できたり、内面のエネルギーを活性化することによってモチベーションを高めたり、活力を手に入れることができます。また青色のスピネルには霊的なエネルギーが高いと言われていて、精神力や霊性を高めたい人におすすめです。

また、緑色のスピネルを身に着けると、他人の良い所を見つけられるエネルギーを呼び込み、他人に対する愛情を深めることができます。対人関係をスムーズにしたい人や、カスタマーサービス関係の仕事をしている人なら、スピネルが仕事運のアップにもつながるかもしれません。

どの色のスピネルでも、パワーストーンとして身に着けると、体内のネガティブなエネルギーを遮断してくれます。体内のチャクラすべてにポジティブなエネルギーを与えてくれるので、不安や悩みなどもスッキリ解消できるでしょう。

スピネルの価値について!

スピネルには、さまざまな色や質の石が含まれています。その中には、インクルージョンを含むものや含まないものなどもあります。宝石としての価値を見ると、ダイヤモンドやルビー、サファイヤなど知名度と希少性が高い宝石にはかなわないでしょう。しかし品質が良いスピネルだと、1ct当たり50万円程度で取引される高価な石もあります。

スピネルはどの色でも、色の濃淡が濃く、透明度が高く、そしてインクルージョンを含んでいないものが高品質だと考えられています。色によって価値も若干変わり、ルビーと見間違えるような高品質な赤色は、スピネルの中でも特に高い価値がつけられます。赤色は他の色よりも価値は全般的に高めで、その次はサファイヤのように見える石である青色、その次にピンクやオレンジなどが続きます。

パワーストーンとしてよく見るブラックのスピネルは、美しいツヤ感はあっても不透明でニーズが低いという点で、価値は赤や青と比べると低めとなってしまいます。しかしパワーストーンとしての価値は色が変わっても健在なので、複数の石をリーズナブルに購入したい人は、あえて黒色のスピネルを選ぶという方法もアリです。

まとめ

古くはルビーやサファイヤと間違えられていた時代もあったスピネルは、自身の好奇心やモチベーションを高めるとともに、ネガティブなエネルギーを遮断してポジティブなエネルギーを呼び込めるパワーストーンとして人気があります。他人の長所を見つけやすくなるため、対人関係も以前よりスムーズに進みやすくなるでしょう。

SNSでシェア

SNSをフォロー