• 2021.07.29

ダイヤモンドルースとは?どんなルースがおすすめ?

ダイヤモンドルースとは?

ダイヤモンドジュエリーの多くは、プラチナやゴールドの台にダイヤモンドがすでにセッティングされ、ジュエリーとして完成した状態で販売されています。ダイヤモンドルースとは、ダイヤモンドが貴金属にセッティングされていない状態のことを示しており、裸石と呼ばれることもあります。

ルースだけで買うことはできる?

ダイヤモンドは、ジュエリーとして加工されている商品を購入できるだけでなく、石だけの状態、つまりダイヤモンドルースとして購入することもできます。全てのジュエリーショップでダイヤモンドルースを取り扱っているわけではありませんが、ルースだけでの購入でもダイヤモンドの品質を評価した鑑定書はついてきます。

ダイヤモンドルースは、携帯性が高い資産としてルースのまま保有しても良いですし、貴金属にセッティングしてオリジナルジュエリーとして仕上げることもできます。

ダイヤモンドルースは、ダイヤモンドという宝石のみでの販売となります。貴金属にセッティングされていないため、石についている傷やインクルージョンを隠すことはできません。石が持つ個性や品質がそのままダイレクトに見えてしまうという理由から、ルースを選ぶ際には品質に重点を置いた選び方をしたいものです。ダイヤモンドルース販売での鑑定書でも、ダイヤモンドジュエリーを購入した時と同じ鑑定書を発行してもらうことができます。

ダイヤモンドルースの中には、それほど一般的ではありませんが、ダイヤモンドの原石のまま販売されているルースもあります。これは、カットも研磨もされていない状態のダイヤモンドで、原石ならではの雰囲気や風合いが魅力です。原石のダイヤモンドルースを購入する場合には、大きさによっては宝石職人の元に持ち込んでカットや研磨の処理をしてもらうことはできます。しかし多くの場合には、ジュエリーとして加工することを前提としているわけではなく、ルーペでインクルージョンを楽しんだり、原石ならではの魅力を楽しんだり、またお守りのように保有することを目的とした原石ルースが多いです。

ダイヤモンドルースも買取ができる?

ダイヤモンドは、時代や国境を超えても不変と言われる高い価値があります。経年劣化しづらく、表面に傷がつきにくいという鉱石の性質があり、購入してから期間が経ったから悪くなるとか古くなるということはありません。価値があるダイヤモンドは、専門の業者に買い取ってもらうことができます。

この点に関しては、ダイヤモンドルースも同じです。ジュエリーやアクセサリーとして仕上がっていなくても、ダイヤモンドの買取においてはダイヤモンドという石の価値を重点的にチェックした上で買取価格が決まります。そのため、ルースだから買取できないということはありません。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドには、さまざまな楽しみ方があります。ジュエリーとして加工されているものを身につけて楽しんでも良いですし、ルースの状態で購入し、さまざまな可能性や魅力を楽しむのも良いでしょう。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けのダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、幅広いシーンに対応できるメンズジュエリーとしてパーチが人気です。ダイヤモンドの色やサイズ、カット方法に加え、セッティングする貴金属の種類やデザインが変わることで、パーチにもさまざまな表情が生まれます。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDの中でも1つ目におすすめのパーチは、無色透明の0.12ctダイヤをプリンセスカットに仕上げた商品です。プラチナ台にセッティングすることで、高貴で洗練された雰囲気を楽しめます。

2つ目目のおすすめは、シャンパンゴールドブラウンカラーのダイヤモンドをイエローゴールド台にセッティングしたパーチです。石の大きさは0.3ctと大きめですが、色付ダイヤが大人の落ち着いた雰囲気を醸し出し、悪目立ちすることがありません。

3つ目のおすすめは、ブラウンカラーの0.16ctダイヤとプラチナを組み合わせたパーチです。天然ダイヤモンドが持つ神秘的な魅力と、ブラウンという色に引き込まれそうな商品です。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、カット研磨されてジュエリー加工するばかりの状態のルースに加え、ダイヤモンドの原石も多数取り扱っています。その中でも1つ目のおすすめルースは、0.301ctのトリプルエクセレントダイヤモンドルースです。無色透明のダイヤはDカラー評価されており、高品質なアイテムです。

2つ目のおすすめは、正八面体にカットされたソーヤブル原石と、ラウンドブリリアントカットされた0.10ctのカット研磨済みルースのセットです。加工済ダイヤモンドは、そのままジュエリーとして加工できますし、原石は透明感があるダイヤモンドなので、ルーペでインクルージョンを楽しんではいかがでしょうか?

3つ目のおすすめは、ブラウンダイヤ027ctのソーヤブル原石です。透明感がなく素朴な雰囲気を持つ天然ダイヤモンドですが、うちに秘めた神秘的な魅力を醸し出しています。

まとめ

ダイヤモンドルースは、貴金属にセッティングされていない裸石ダイヤのことです。カットや研磨などの処理が施されている商品が一般的ですが、OTOKO DIAMONDのように原石をそのまま購入することもできます。

SNSでシェア

SNSをフォロー