• 2021.07.29

小さい宝石ルースの魅力!メリットや使い道は?

ルースはどんな使い道が多い?

ジュエリーとして販売されている宝石のほとんどは、加工研磨の処理が施されていて、貴金属にセッティングされています。リングやピアス、ネックレスやパーチなどのジュエリーとして販売されているものが大半です。しかしルースとは、貴金属にセッティングされていない宝石のことで、ダイヤモンドなどがよく知られています。

ルースは裸石とも呼ばれています。カットと研磨が施されていて、あとはジュエリーとして貴金属にセッティングするばかりの形になっているものもあれば、カットも研磨も行われていない原石の状態のルースもあります。具体的にどんな使い道があるかという点は、その石の大きさや品質によっても異なりますが、ジュエリーとして加工したり、ルーペでのぞいてインクルージョンを楽しんだり、または原石のまま保有して資産にするという使い道もあります。

ダイヤモンドルースを購入するメリットについて!

ダイヤモンドルースを購入する1つ目のメリットは、オーダーメイドのジュエリーに使えるという点です。特にカット研磨されているルースなら、石は持ちこみでオーダーメイドのジュエリーを作れます。

2つ目のメリットは、ルースで購入するとジュエリーとして購入するよりもリーズナブルなケースが多いという点があります。特に未加工の原石の状態で購入するものは、品質や色、状態によっては驚くほどリーズナブルなものもたくさんあります。

買い取りのポイントや、高額買取してもらうコツとは?

ルースダイヤモンドは、ダイヤモンドとしての価値を評価して買い取ってくれる業者がたくさんあります。買い取ってくれる業者の多くは、ダイヤモンドを資産として取引している業者だったり、ジュエリーとして加工している業者などです。業者ごとに査定価格は異なるので、高額買取を希望するなら複数の業者から査定を取ることをおすすめします。

ルースを高値で買い取ってもらうためのポイントは、やはりルースを購入する際に、ダイヤの品質を評価する4Cを意識した石選びと言えるでしょう。未加工の原石を購入する場合には、4Cの全てを意識することはできないものの、可能な限り高品質の石を選ぶことで、将来の買取時には高値買取が期待できます。

自宅でできる!指輪や小さいペンダントを作る方法!

ルース宝石は、DIYで指輪や小さいペンダントを作ることができます。サイズが小さなルースは、DIYで穴をあけてワイヤーを通すことはできません。そのため、DIYジュエリー用に販売されている空枠を購入し、石をセッティングしたら空枠をペンチなどで曲げて固定しましょう。こうすることで、石に穴を開けなくても素敵なDIYジュエリーを手作りできます。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドは、ルースとして楽しめる他、ジュエリーとして仕上げればオシャレに身に着けることもできます。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けダイヤモンドジュエリーが充実しているOTOKO DIAMONDでは、大人の男性向けのダイヤモンドパーチが人気です。ダイヤをプラチナやゴールドにセッティングしたパーチは、商品ごとに異なる雰囲気があり、どれも欲しくなってしまう商品ばかりです。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDからラインナップされているパーチの中でも1つ目のおすすめは、無色透明の0.653ctのダイヤモンドをプラチナ台にセッティングした商品です。ペアシェイプがダイヤの大きさを引き立たせるとともに、洗練された高級感と華やかさがあります。

2つ目のおすすめは、0.121ctのイエローカラーダイヤとイエローゴールドを組み合わせたパーチです。全体的にまとまりと華やかさがありますが、サイズがコンパクトなので普段使いしやすい商品です。

3つ目のおすすめは、スクエアカットが美しいダイヤモンドパーチです。0.13ctの無色透明ダイヤをプラチナにセッティングしたパーチは、直線的なラインが男性らしい雰囲気を醸し出しています。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDは、ダイヤモンドのルースも多数取り扱っています。その中でも1つ目のおすすめは、0.21ctのブラウンダイヤのソーヤブル原石とラウンドブリリアントカットが施された0.08ctの加工済ルースのセットです。どちらも若干ブラウン色がついていて、神秘的で落ち着いた雰囲気があります。

2つ目のおすすめは、未加工のカーキダイヤ0.16ctのニアジェム原石です。不透明な石はまるで金属のようにも見え、ダイヤモンドの新たな一面を堪能できます。

3つ目のおすすめは、無色透明の0.81ctダイヤを三角形にカットしたメイカブル原石です。ジュエリー加工にピッタリの透明感がある原石で、ペンダントなどに加工したい人に一押しのルースです。

まとめ

貴金属にセッティングされていないルースは、特にダイヤモンドなどで人気があります。そのままジュエリーに仕上げても良いですし、価値のある宝石なら資産としてそのまま保有する方法もアリでしょう。

SNSでシェア

SNSをフォロー