• 2021.07.28

トルマリンによく似た宝石「ドラバイト」にはどんな石言葉や意味がある?気になる3つの効果や価格は?

そもそもドラバイトってどんな石?

ドラバイトという宝石は、あまり名前を聞いたことがないという人は多いかもしれません。この宝石はトルマリンの一種で、トルマリンに含まれるマグネシウムの成分が多くなると色味がブラウンになり、ドラバイトに分類されるようになります。全体的にコーヒーのような濃いブラウン色が多い石ですが、中には内部に赤みが入ったものなどもあり、バイカラータイプの宝石もあります。

ドラバイトには、不透明なものから透明なものまで幅広いグレードがあります。その中でも、宝石として使える透明度が高いドラバイトは採掘量がとても少なく、高い希少性があります。しかも、そうしたハイグレードな状態で色味が美しいものや、サイズが大きめの石となると、とてもレアな石となります。

ドラバイトはトルマリンの一種ですが、トルマリンが採掘できる場所で必ずドラバイトが産出されているわけではありません。宝石グレードのドラバイトが採掘できるのは、主にスリランカやブラジル、アメリカなどがあります。

ドラバイトは、ジュエリーとして購入することも可能ですが、ルースを購入してパワーストーンとして身に着けるという方法も人気があります。価格は石の色味やサイズなどの品質によって異なるものの、ルースの状態で1カラットなら1万円~15,000円程度、2カラットになると3万円前後と考えると良いでしょう。

ドラバイトの意味について!

ドラバイトは、ジュエリーというよりはパワーストーンとして多く用いられている天然石です。内面のエネルギーを高める意味があり、精神エネルギーを活性化してくれたり、集中力を高めることができます。そうしたプラスのエネルギーを呼び込むことで、目標を達成しやすい精神状態を手に入れることができるでしょう。

ドラバイトの和名は「苔土電気石」です。電気石という和名を持つトルマリンの一種ですが、その中でも色が土の色をしていることから、このようにネーミングされたのかもしれません。「ドラバイト」という名前は、オーストラリアのDrava River(ドラーバ川)にちなんで名づけられたようです。

気になる3つの効果について!

ドラバイトをパワーストーンとして身に着けると、3つの効果を得ることができます。

1つ目の効果は、心身のバランスを整えるというものです。この石は、精神状態や肉体のバランスを整えるという石言葉を持つクリスタルです。バランスが崩れている場合にはエネルギーを使ってバランスを整え、ネガティブなエネルギーを浄化してポジティブなエネルギーへと変えてくれます。この効果によって、心も体も確固たる軸が作り出され、安定しやすい状態となります。気分にムラがあることで悩んでいる人や、感情の起伏が激しい人や怒りっぽい人にとっては、ドラバイトを身に着けることで心を穏やかでポジティブに安定させられるでしょう。

2つ目は、集中力を高めるという効果です。これはトルマリンにも共通する効果の一つで、洞察力や直観力、そして精神を研ぎ澄ませることによって、精神状態をより高次元へと導いてくれます。飽きっぽい性格の人にとっては、ドラバイトを身に着けることによってじっくり考えながら取り組める精神状態を手に入れられそうです。

3つ目は、モチベーションがアップするというものです。集中力が高まり、心が穏やかに前向きになれることによって、目標を達成しやすいエネルギーを引き込むことができます。情熱的に物事に取り組めるようになり、努力が実りやすい環境づくりができるでしょう。

ドラバイトのお手入れ方法は?

ドラバイトは、硬度が7と比較的高めです。しかし、ダイヤモンドのような硬度10というわけではないため、乱暴に取り扱ったりこすったりすると、石の表面に傷がついてしまうことがあります。そのため、アウトドアやスポーツの際には、外したほうが良いかもしれません。

ドラバイトを身につけたら、一日の最後には柔らかい布で皮脂などの汚れを拭きとってあげましょう。また定期的に、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、頑固な汚れやべたつきを洗い流すという方法もおすすめです。宝石によっては、アルコールなどによって変色や変質のリスクが高まるものがありますが、ドラバイトの場合にはアルコールティッシュでサッと汚れをふき取るという方法もOKです。

ジュエリーやパワーストーンのクリーナーとして人気のスチームクリーナーや超音波洗浄機に関しては、石の加工処理やインクルージョンの状態によっては、ヒビや割れの原因になってしまうことがあります。そのため、できれば使わない方が安心です。

まとめ

ドラバイトはトルマリンの一種で、和名は苔土電気石と言います。トルマリンにマグネシウムが多く混じるとブラウンの色が濃くなり、ドラバイトと分類されるようになります。ジュエリーとしても身に着けることは可能ですが、パワーストーンとして身に着ける方法も人気があります。

SNSでシェア

SNSをフォロー