• 2021.07.23

世界4大宝石とは?それぞれの特徴をご紹介!

世界4大宝石とは?

世界4大宝石とは、ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、そしてエメラルドの4種類の宝石のことです。これらは天然鉱物の中でも希少性が高く、美しい輝きを持っていることから高い価値がある宝石と考えられていますし、どれも硬度がとても高く、傷がつきにくいという共通点があります。硬度の高い石は輝きを長く維持することができるため、長い歴史の中でも世代を超えて愛され続けてきました。歴史の中では時代の流れとともに美しさや輝きが衰えてしまった宝石などもありましたが、長い時間の中で美しさを失わなかった世界4大宝石は、歴史の中でも装飾品や財産として古くから大切に扱われてきました。

代表的なダイヤモンド!

宝石の代表と言っても過言ではないダイヤモンドは、鉱石の中では最も硬い硬度を持ちます。そのため、硬すぎて加工しづらく、長い間ルビーやサファイヤほど装飾品としては扱われていませんでした。しかし、17世紀に入ってブリリアントカットの原型が生み出されると、圧倒的な輝きに人々は魅了され、一躍宝石を代表する高価な石となったのです。

赤い宝石の頂点と称されるルビー!

ダイヤモンドは、原石をカットして研磨することによって、美しい輝きを放ちます。しかし、ルビーは地中から原石が採掘された状態でも、すでに美しい輝きを放っているという特徴があります。鉱物的にはサファイアと同じコランダムに分類されており、ルビーとサファイアの基本的な構造はとてもよく似ています。

海のような輝きを放つサファイヤ

深い海のような美しい青色が魅力的なサファイヤは、古代から神に意志を伝える石として、多くの権力者に崇拝されてきた宝石です。上記の通り、サファイヤはルビーと同じコランダムに属しますが、コランダムにチタンや鉄が混じると青い色がつきます。

サファイヤというと、青色がよく知られています。しかし、鉱物学的には青以外にも、ピンクやオレンジ、黄色や緑、紫色等のサファイヤもあります。青色以外の色をしたものは、ピンクサファイヤとかイエローサファイヤなどと呼ばれることが多いです。

クレオパトラが愛したエメラルド

新緑色が美しいエメラルドは、古代エジプトでクレオパトラがこよなく愛した宝石として知られています。現在でも、エジプトにはクレオパトラが所有していたエメラルド鉱山があります。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

世界4大宝石の中でも、ダイヤモンドを使ったジュエリーは男女ともに高い人気があります。具体的にどんなダイヤモンドジュエリーがおすすめなのでしょうか。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けのダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、ビジネスシーンからカジュアルなシーンまで使いやすいパーチが人気です。ジャケットにアクセサリーとして着けても良し、タイピンの代わりに使うこともできるパーチは、どんなダイヤモンドとどんな貴金属を組み合わせるかによって、異なる表情を楽しめます。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、たくさんのパーチがラインナップされています。無色透明のダイヤモンドを始め、ブラウンやシャンパンブラウンなど、大人の男性に似合う落ち着いたファンシーカラーも充実しています。

OTOKO DIAMONDの中でも1つ目におすすめのパーチは、0.3ctのシャンパンゴールドブラウンダイヤをラウンドブリリアントにカットし、イエローゴールドと合わせた商品です。ダイヤの中心部分が濃いブラウン色に見えるこのパーチは、落ち着いた雰囲気を持ちながらも、ダイヤモンドの存在感を主張したい人におすすめです。

2つ目のおすすめは、コニャックブラウンカラーの0.2ctダイヤとイエローゴールドを合わせたパーチです。ゴールドの華やかさが引き立つデザインとなっていて、ゴージャスな雰囲気のパーチを探している人にピッタリです。

3つ目のおすすめは、無色透明の0.25ctダイヤモンドをイエローゴールドの立爪にセッティングしたパーチです。洗練された高級感を感じることができる商品です。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、貴金属にセッティングされていないルースダイヤモンドも数多く取り扱っています。その中でも1つ目のおすすめは、クリアな美しさが魅力の0.26ctソーヤブル原石で、ブラウンダイヤモンドが使われています。中央部分にわずかにブラウンが残りますが、無色透明に近い色で、ジュエリーとして加工しても素敵です。

2つ目のおすすめは、0.25ctのブラウンダイヤモンドルースです。透明度がなく、ゴールドに輝く原石という印象を与えてくれる商品で、見ているだけで引き込まれてしまいそうな魅力があります。

3つ目のおすすめは、0.26ctのブラウンダイヤが正八面体にカットされたソーヤブル原石です。既にカットされているダイヤモンド原石で、未カット原石とは異なる美しさを堪能できます。

まとめ

世界4大宝石は、それぞれ長い歴史の中で輝きを失わずに、たくさんの人々に愛されてきました。いずれも硬度が高く、美しい輝きがあり、採掘量が少なく希少性が高い、という共通点があります。

SNSでシェア

SNSをフォロー