• 2021.07.23

ダイヤモンドはなぜ他の宝石よりも高いの?

ダイヤモンドはなぜ高い?

ダイヤモンドは、ルビーやエメラルドのような他の宝石と比較すると、購入価格はとても高いという特徴があります。例えば、1ctの石につく価格を見ると、他の石は品質によっては1,000円~3,000円程度で購入できる場合がありますが、ダイヤモンドだけは品質がイマイチでも40万円以上という高額な取引価格がついてしまいます。

なぜダイヤモンドがこれほどまでに高いのかというと、生産数が少なくて希少性が高いという理由が考えられます。もともとダイヤモンドが採掘される鉱山は他の石と比べると少ないですし、現在では石の価値を安定させるために計画的に採掘が管理されているため、高い需要に対して供給がかなり少ない状態となっています。これもまた、ダイヤモンドの価格が高い原因と言えます。

ダイヤモンドの歴史について!

ダイヤモンドの歴史は、紀元前4世紀ごろのインドまで遡ります。川辺に転がっていたものすごく硬い石が、とても美しくキラキラ輝いていたことから、お守りとして重宝されるようになったのが始まりでした。ダイヤモンドは旧約聖書の出エジプト記にも登場するほど、人類との関わりにおいて長い歴史があるのです。

重宝されるようになった背景について!

ダイヤモンドの原石は、ルビーやエメラルドほどの輝きを持っているわけではありません。カット方法を工夫し、研磨することによって光の反射率を上げ、それが石の輝きを高めてくれます。

ダイヤモンドが重宝されるようになった背景に、17世紀に開発されたブリリアントカットがあります。ブリリアンカットの原型はこのころ作られ、それまでとは全く異なる次元での輝きを得られるようになったのです。それがダイヤモンドの人気を高め、重宝されるようになった背景です。

価値と値段が高まった理由とは?

ダイヤモンドの価値や値段は、世界中どの地域に行ってもそれほど大きな違いはなく、いつ購入しても高額です。その理由は、ダイヤモンドの採掘は人為的に管理されているからと考えられます。19世紀半ばにはダイヤモンドの採掘が減少してきたといううわさが流れたものの、その直後に大きな鉱脈が見つかるなど、実際にはそれほど採掘量が激減する事態にはなっていません。しかし、価格安定のために人為的に採掘量と流通量を管理することで、需要が供給量を大きく上回り、ダイヤモンドは希少価値の高い、高額な宝石だというイメージが定着しました。

今おすすめしたいダイヤモンド6選!

ダイヤモンドのジュエリーには、いろいろなものがあります。その中でもメンズ向けにジュエリーを選ぶなら、幅広いシーンで活躍してくれる商品がおすすめです。

男を魅了する『OTOKO DIAMOND』パーチについて!

メンズ向けダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、タイピンとしても活躍してくれるパーチが人気です。華やかさ重視の商品から、どんなファッションにもなじみやすいダイヤモンドパーチまで、幅広くラインナップされています。

おすすめしたい『OTOKO DIAMOND』パーチ3選はこれ!

OTOKO DIAMONDの1つ目のおすすめパーチは、0.653ctの無色透明ダイヤをペアシェイプにカットした商品です。パーチセレクションの中では最大のダイヤモンドを使用しているのが特徴で、プラチナと合わせることによってゴージャスな高級感を堪能できます。

2つ目のおすすめは、無色透明でラウンドカットされた0.15ctダイヤモンドパーチです。ギフトなどにもおすすめの商品で、プラチナと合わせることによって高級感を高めている他、ダイヤモンドと相性が良い立爪セッティングを使うことで、ダイヤモンドが持つ耀きを楽しめます。

3つ目のおすすめは、0.25ctの無色透明ダイヤにイエローゴールドと合わせた商品です。ラウンドブリリアンカットされたダイヤをイエローゴールドの爪がシッカリとサポートし、華やかさを醸し出しています。

おすすめ『OTOKO DIAMOND』ルース3選はこれ!

OTOKO DIAMONDでは、セッティングされていないダイヤモンドだけのルースも人気があります。

1つ目のおすすめは、ブラウンダイヤモンドのソーヤブル原石と、ラウンドブリリアンカットが施された0.10ctのルースです。原石と加工石との異なる魅力を思いきり堪能できるセットです。

2つ目のおすすめは、無色透明のソーヤブル原石です。カットも研磨も施していない原石でも、ダイヤモンドならではの美しい輝きを単横できるルースです。

3つ目のおすすめは、0.358ctのラウンドブリリアントカットが施されたルースです。オリジナルジュエリーを作りたいという人にも人気が高く、見た目重視のダイヤモンドが欲しい人におすすめです。

まとめ

人類の歴史と長い関係を持つダイヤモンドは、現在では採掘や流通が管理されています。そのため、常に需要が供給を上回る状態を維持しており、それが他の石よりも高値で取引される理由となっています。

SNSでシェア

SNSをフォロー