• 2021.06.19

エンゲージリング(結婚指輪)とは?どんな意味や由来がある?





エンゲージリング(結婚指輪)とは?

エンゲージリングとは、愛し合う二人が結婚の約束をする時に交わす指輪のことで、婚約指輪のことです。多くの人は、プロポーズをする時に男性が女性へ贈る指輪がエンゲージリングをイメージするのではないでしょうか。婚約指輪は女性から男性へ指輪を贈るわけではないため、指輪をお互いに交換するというわけではありません。しかし、結婚の約束をした証という意味は変わりません。

結婚の約束をした二人が身に着けるという点においては、結婚指輪も同じ役割りを果たしています。日本では結婚指輪のことはエンゲージリングとは呼びませんが、夫婦関係のシンボルというエンゲージリングが持つ意味を考えると、結婚指輪もまたエンゲージリングの一種と言えます。

歴史や付ける意味を解説!

結婚を約束した二人がそのしるしに指輪を贈るという習慣は、古代エジプトまで遡ります。人類の歴史の中では、とても長い歴史がある慣習と言えるでしょう。古代エジプトでは、まだ現在のような文字が確立されておらず、象形文字が使われていました。象形文字における「結婚」は、円のような形をした文字で表されていたのだとか。その円をモノに見立ててお互いに交換するという習慣が、当時既に確立されていたのです。そして、その時の円を形にしたものが、指輪でした。

エンゲージリングが現在のような金属を使った指輪になったのは、古代ローマの頃でした。当時には婚約の儀式など、エンゲージリングを交換する場所がより形式化され、より長く身に着けることを願って、金属の指輪を交換したのです。ただし、当時はまだ金やプラチナで指輪を作っていたわけではなく、鉄を素材としていました。

なぜ左手の薬指に着けるの?

エンゲージリングは、婚約指輪でも結婚指輪でも、左手の薬指につけるのが定番です。どうして薬指なのか、またどうして右手ではなく左手なのか、疑問に感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

エンゲージリングの習慣の起源と言われている古代エジプトでは、左手の薬指には愛のパワーが流れていると信じられていました。心臓から太い血管が左手の薬指に繋がっていると考えられていたため、そこに指輪を着けることによって真実の愛にパワーを与えていたのです。

エンゲージリングは、正式には結婚した二人ではなく、結婚の約束をした未婚の二人がつける指輪という位置づけです。これから結婚を考えている人にとっては、結婚していない状態で指輪を贈る習慣の理由がよく分からないという人がいるかもしれません。確かに、婚約は結婚による入籍とは異なり、法的な束縛やルールなどはありません。婚約しても苗字は変わりませんし、法的効力を持つ書類を作るわけでもありません。婚約はいわば、口約束と言っても過言ではありません。その口約束に重みをもたせるために、高価なエンゲージリングを贈る習慣が始まったと考えられています。エンゲージリングには、プロポーズをする時に相手に贈ることで、相手に安心感を与えられるという役割もあります。





価格や相場も気になる!

エンゲージリングと言えば、永遠の愛の象徴と言われるダイヤモンドをあしらった指輪を贈るのが定番です。以前では、お給料の3ヶ月分が目安と言われていた時期がありましたが、現在ではそうした経済的な余裕がある人は少ないため、お給料の3ヶ月が平均的な価格になっているわけではありません。

結婚に際して贈るエンゲージリングの平均的な相場は、約30万円~40万円程度です。もちろん、ライフスタイルや経済的な余裕によって、この平均よりもリーズナブルなケースもあれば、もっと高価な指輪を贈るケースもあるでしょう。

マリッジリングとの違いについても押さえておこう!

エンゲージリングは、婚約指輪のことを差し、マリッジリングとは結婚指輪のことを指しています。どちらもブライダルリングという位置づけですが、贈るタイミングやリングのスタイルなどは異なります。

エンゲージリングは、プロポーズの際に男性から女性へ贈るリングで、女性から男性へは贈りません。一方、マリッジリングは結婚した証として、男女が指輪をお互いに交換します。

リングのデザインも、大きく異なります。エンゲージリングは一般的に、ダイヤモンドがあしらわれていたりして、華やかな雰囲気のリングが定番です。一方でマリッジリングは、TPOを選ばずに長く着けられるよう、シンプルなデザインが定番です。

女性が結婚する時には、エンゲージリングとマリッジリングを異なるタイミングで受け取ります。どちらも左手の薬指につけるリングです。両方つけたい人は、エンゲージリングとマリッジリングをセットで購入したり、エンゲージリングを選ぶ際にマリッジリングと合わせやすいデザインを選ぶなど、工夫すると良いでしょう。

まとめ

エンゲージリングは、結婚の約束をした二人が贈る婚約指輪です。古代エジプトにおいては、お互いに指輪を交換する習慣がありましたが、現在では男性が女性へ贈る婚約指輪という位置づけです。同じブライダルリングでも、マリッジリングとは贈るタイミングやデザインなどが異なります。

SNSでシェア

SNSをフォロー