• 2021.06.19

シルバーの黒ずみは何が原因?自宅でのお手入れ方法と綺麗になる磨き方のポイントとは?

シルバーの手入れの前に変色の原因を解説?

シルバーという金属は、他の貴金属と比べて経年による変色を起こしやすい金属として知られています。銀が含まれているものは、ジュエリーでも食器でも、また楽器などでも少しずつ色が変色してしまいます。これは、汗や皮脂が原因によるものではなく、空気中に含まれている成分によって、銀が硫化反応を起こすために起こる現象です。そのため、どんなに大切に保管していても、長い年月の中では銀は少しずつ変色してしまうのです。

この変色は、錆びではありません。鉄などは、一度錆びてしまうとどうすることもできませんが、銀の硫化は錆ではないので、お手入れをする事で黒ずみを取り除くことができます。

もう一つ、シルバーの変色を引き起こす原因があります。それは、塩化です。間違ったお手入れをしたり、シルバーが黒ずんだから漂白すれば良いかなと思って塩素系洗剤につけてしまうと、変色が起こります。この塩化については、一度起こるとDIYで元に戻すことはできません。専門の業者へ依頼することになります。

変色を起こしにくい『保管方法』も押さえておこう!

シルバーの変色は、空気に触れることによって起こります。そのため、シルバーを保管する際には、皮脂や汗などの汚れをしっかりと洗い落としたうえで、密閉できる袋や容器に1個ずつ個別分包するのがおすすめです。

しばらく使わないシルバーアクセサリーを保管する際には、密閉する前に黒ずみケアをするという方法もおすすめです。新品同様の輝きを取り戻した状態で密閉すれば、次に使う時には新品同様の輝きをそのまま堪能できます。

シルバーのアクセサリーを日常的に着用する人は、普段のお手入れを工夫することによって、黒ずみを予防できます。毎日のお手入れでは、柔らかい布を使って皮脂や汗を拭きとるという方法が簡単ですが、その際に使う布を工夫して、シルバー専用のクリーニングクロスにすると、黒ずみを除去する効果が期待できます。

自宅で簡単!綺麗になる磨き方とお手入れ方法!

黒ずんでしまったシルバーは、自宅で綺麗に黒ずみを除去することができます。どんなお手入れ方法があるのでしょうか?

1つ目の方法は、重曹とアルミホイルを使う方法です。耐熱性のボウルにアルミホイルを敷いて、そこに重曹を入れて熱湯を注ぎます。その中にシルバーのアクセサリーを入れると、化学反応が起こってシルバーの黒ずみが取れます。アクセサリーを熱湯に入れたら、10分程度放置しましょう。その後、水でよくすすぎ洗いをした上で、乾いた布でふき取ってあげればOKです。

2つ目の方法は、歯磨き粉を使って磨くという方法です。磨き方はそれほど難しくはありませんが、使う歯ブラシは、必ず柔らかいものを使いましょう。銀はもともと柔らかい金属なので、硬めの歯ブラシを使ってしまうと、傷がつく恐れがあります。磨き方ですが、研磨剤が含まれている歯磨き粉を歯ブラシに取り、優しく黒ずみ部分を擦ります。頑固な黒ずみを解消するのはこの方法だけでは難しいですが、軽い黒ずみや部分的な黒ずみに対しては、効果が期待できます。

3つ目の方法は、調理に使う酢に浸すという方法です。酢に含まれている酸が銀の黒ずみと化学反応を起こし、黒ずみがスッキリ解消できます。ただし、酸によって変色や変質が懸念されるパールやターコイズなどの宝石がついているものに対しては、この方法は使えません。

シルバーの手入れに最適なおすすめアイテム5選!

シルバーのお手入れをするなら、持っていると便利なアイテムがいくつかあります。1つ目は、シルバーアクセサリー専用のクリーニングクロスです。これは、100円ショップなどでも販売されているもので十分です。シルバーに傷をつけることなく、黒ずみをきれいにふき取ることができます。

2つ目は、シルバークリーナーがあります。黒ずみを取り除く作用がある液体で、商品によってはクエン酸が入っているものや硫酸が入っているものなどがあります。シルバーアクセサリーを浸けておくと、黒ずみが浮き上がります。それを柔らかい歯ブラシでこすり落とせばOKです。

3つ目は、家庭用超音波洗浄機があります。黒ずみを取り除くことはできませんが、皮脂や汗の汚れを取るなら、細かい部分までしっかりとれるので優秀です。洗浄力をアップしたいなら、水の中に食器洗いの洗剤を混ぜることもできます。

4つ目は、歯ブラシです。歯が柔らかめのものをシルバーアクセサリーのクリーニング用として持っていると良いでしょう。

5つ目は、ヘアドライヤーです。クリーニングした後には、細かい部分に入り込んだ水分もしっかり取り除くことが必要です。タオルではふき取れない部分の水も、ヘアドライヤーがあれば簡単に乾燥できます。

まとめ

シルバーという金属は、空気に触れることによって少しずつ硫化し、黒ずんでしまいます。黒ずみは錆ではないので、適切なアイテムを使うことで、自宅ででも簡単に取り除くことができます。しばらく使わないシルバー製品なら、クリーニングしてから密閉容器に保管するという方法がおすすめです。

SNSでシェア

SNSをフォロー