• 2021.06.18

k18とはどんな金?選ぶ際のポイントや値段の相場を知りたい!





「K18」と「18K」の違いとは?

金のアクセサリーを購入すると、金の純度が刻印されています。その中でもよく見かけるのは、k18の刻印ではないでしょうか。K18などに使われている「K」とは、金の純度をしめす「Karat」のことで、純金の場合にはK24となります。金のKaratは、100%を24分割しているのが特徴で、k18の場合には純度は24分の18、つまり75%の純度で金が含まれている金属だということになります。

日本国内で製造されているアクセサリーやジュエリーは、ほとんどはk18とkが18の前についています。しかし、海外で製造されて輸入された金製品の中には、k18ではなく18kとkが18の後に表記されているものもあります。どちらも金の純度を示していることに変わりはありません。しかし製造国によっては、K18と表記されていても、金の含有量が75%よりも低いケースがあります。「あとk」と呼ばれる18kの場合には、注意したほうが良いでしょう。

価格や価値の違いについて!

金を使ったアクセサリーを購入する際には、金そのものが持つ価値に加え、ジュエリーのデザイン費や製造費、ブランド代やメーカーやショップの利益など様々なコストが上乗せされます。そのため、金そのものの価値は3万円でも、ジュエリーとして完成しているアイテムを購入すると30万円もした、なんてことは珍しくありません。

しかし金のジュエリーを買い取りショップなどに引き取ってもらう際には、金そのものの価値のみが判定基準となります。上記の場合には、金そのものの価値が3万円なので、買取価格は3万円となってしまうのです。30万円で購入したから、買取価格は25万円ぐらいかな、ということにはなりません。

金の価格は、さまざまな所で表示されています。k18の買取を行うショップでも単価が表示されていることは多いですし、k18に加えてk18WGと表記されるホワイトゴールド、Pt900/K18と表記されるプラチナとゴールドの合金なども、それぞれ単価が異なります。

k18の価値は、毎日少しずつ変動しています。少しでも高値で買い取ってもらいたい時には、金の価値の変動を予測しながら、高値で取引されている時期を選ぶと良いでしょう。

見た目や色の違いも解説!

k18は、金の純度が24分の18、つまり75%の純度ということです。純金になるとK24となりますし、その他にも純度によってK5~K24までさまざまな純度の刻印がされています。刻印を見れば、金の純度は分かりますが、見た目や色の違いからも、だいたいどのぐらいの純度なのかを予測することは可能です。

金の純度が高くなると、金属の黄色味は濃くなります。K24はk18よりも黄金色に近いギラギラとした輝きがあります。一方、金の純度が低いk10になると、黄色っぽさが少なくなって薄い色となります。重さも、金の純度が高くなればずっしりとした重さを感じることができます。





選ぶ際のポイントや注意点はこれ!.

金のジュエリーを選ぶ際には、どんな点に注意した選び方をすれば良いのでしょうか?

あなたの体質にあったものをチョイス!

金という金属は、金属アレルギーは起こしづらい金属と言われています。純度が低くなると、混合物の割合が増えるために金属アレルギーを起こしやすくなってしまいます。そのため、アレルギー体質の人なら、金の純度が高めのものを選ぶのが安心です。K22やK24などは値段が高くなりますが、金属アレルギーという点では高い安心感を得られます。

純度によって硬度が違う?

金という金属は、比較的柔らかいという性質があります。K24はK18よりも硬度が低いため、加工しやすくなります。金の純度と加工のしやすさを妥協することなく選びたい人なら、k18あたりを選ぶのが良いでしょう。

金以外に含まれている混合物には、いろいろな種類があります。そのため、必ずしも純度が低くなれば硬度がアップするというわけではありません。含まれる金属の種類を調整することによって、加工しやすい柔らかさを残しているものもたくさんあります。

相場や値段も知っておこう!

金のアクセサリーやジュエリーは、金の含有量によって値段が大きく異なります。同じデザインのものでも、K10とK24とでは、価格が大きく変わるのです。相場や値段の目安を知っておけば、ジュエリーに加工してもどのぐらいの価格設定になるのかを予想できますし、価格から金の純度を予測することもできるでしょう。

まとめ

金という貴金属には、どのぐらいの純度で金が含まれているかによって、K24~K5と表記が異なります。k18は金の純度が24分の18、つまり75%の純度ということです。k18は、アクセサリーとしては日本人の肌になじみやすく、加工しやすく傷がつきにくい硬度という点で、人気があります。純度が変わることによって、貴金属の色味や見た目の雰囲気が変わりますし、金属アレルギーのリスクなども変わります。自分に合った金製品を選びたいものです。

SNSでシェア

SNSをフォロー