• 2021.06.09

遺骨ダイヤモンドとして注目!髪の毛からダイヤモンドが作れる?作り方や値段、量は?





髪の毛から作るダイヤモンドが誕生した理由とは?

髪の毛からダイヤモンドを作ることができることはご存知でしょうか?スイスを拠点とするアルゴダンザ社では、亡くなった人の髪の毛を使い、そこからダイヤモンドを作っています。このサービスが誕生した理由は、大切な家族を亡くしてしまったけれどいつも身近に感じていたいとか、故人とどんな時でも一緒にいたいという、遺族の強い思いがあったからです。ダイヤモンドならアクセサリーとして加工できるので、普段から肌身離さずに身に着けることができます。墓地への埋葬と比べて、いつまでもずっと故人を身近に感じられるのではないでしょうか。

アルゴダンザ社が髪の毛からダイヤモンドを作るサービスを始めたのは、2004年のことです。もともとは遺骨からダイヤモンドを作るサービスを行っていましたが、現在では遺骨からだけでなく、髪の毛からのダイヤモンド製造も可能になりました。本社はスイスですが、日本に支社があるので、日本に住んでいる人でも利用することができます。

作り方の工程や種類について!

ヘアー・ダイヤモンドと呼ばれる髪の毛から作るダイヤモンドの作り方は、毛髪を加熱することによって炭素を抽出し、人工的に高温と高圧な環境を作り出すことでダイヤモンドを作るというものです。髪の毛からダイヤモンドを作るために必要な炭素量を抽出するためには、少なくとも10gの髪の毛が必要となります。ただし、アルゴダンザ社のサービスは必ずしも故人の髪でなければいけないということはないので、故人の髪だけでは十分な量にならない際には家族の髪の毛と混ぜてもOKです。

髪の毛から炭素を抽出したら、ダイヤモンドの純度を高めるために、まず真空高温処理を行って不純物を取り除きます。その結果、黒鉛が作られます。そこに、さらに炭素を加えることによって純度アップと強度アップを図り、ダイヤモンドの結晶化作業を行います。

ヘアー・ダイヤモンドの生成においては、基本的には無色透明なダイヤモンドを作ることができます。しかし、家族が色付きダイヤモンドを希望する際には、リクエストすれば、生成の際に温度や圧力を調整して、色付きダイヤモンドに仕上げてもらうことができます。

上記のプロセスから、ダイヤモンドの原石を人工的に作り出します。その後、ダイヤモンドの色やアクセサリーの種類に合わせてカッティングをし、研磨をかけて輝きを最大にします。ダイヤモンドのカッティング方法については業者によっていろいろな種類があり、選べることが多いです。

気になる値段や相場とは?

髪の毛からダイヤモンドを作るサービスは、生成に約12週間~16週間の日数がかかります。約10gの髪の毛から0.2カラットのダイヤモンドが生成でき、かかる値段は約45万円程度です。提供できる髪の毛がもっと多ければ、生成できるダイヤモンドのカラット数も大きくなります。もしも1カラットのダイヤモンドを作るならば、かかる値段は245万円程度が相場となります。

ただし、この値段は髪の毛からダイヤモンドを作る際にかかる値段のみです。ジュエリーやアクセサリーに仕上げたい際には、別途で貴金属や加工代がかかりますし、作成のための期間も長くなるので注意してください。

髪の毛から作る人工ダイヤモンドのお値段は、決して安くはありません。しかし、故人を身近に感じられるという点で、とても人気があります。





どんなシーンで活用されるのか?

髪の毛からダイヤモンドを作るサービスは、さまざまなシーンで利用が可能です。多く利用されるのは、故人の髪を利用して作るメモリアルの用途です。納骨されているお墓まで足を運ぶのは遠いけれど、髪からダイヤモンドを作って身につけておけば、故人をいつも近くに感じられることでしょう。亡くなった子供やパートナーと一緒に毎日を過ごしたいという人にとっては、形見としての役割も果たしてくれます。また人間だけでなく、亡くなったペットの毛を利用してダイヤモンドを作ることもできるので、愛犬家にとってもメモリアルなシーンで活用できます。

その他にも、自分が生きている間に自身の髪でダイヤモンドを作ってパートナーへ形見として残すなど、終活の一つとして活用する方法も注目されています。目的や用途によっては、今後はもっと活用できるシーンが広がりそうです。

まとめ

髪の毛から人工ダイヤモンドを作るサービスは、故人の髪の毛を使ったメモリアルサービスとして人気があります。アクセサリーにすればいつでも肌身離さずに身に着けることができ、故人を偲ぶよすがになると感じる遺族は少なくありません。このサービスを始めたアルゴダンザ社は、日本にも支社を展開している他、世界各国でサービスを提供しています。今後はもっとこのようなサービスが多くなり、故人の遺骨や髪の毛をダイヤモンドのアクセサリーにして身に着けるという人が多くなるかもしれません。

SNSでシェア

SNSをフォロー