• 2021.06.09

ダイヤモンドの最高傑作!ラウンドブリリアントカットとは?

ラウンドブリリアントカットとは?

ダイヤモンドには、さまざまなカット方法があります。ダイヤモンドは、自然の原石の状態で、ショップで販売されているような輝きを既に持っているわけではありません。熟練された職人のスキルによって、ダイヤモンドが持つ輝きを最大限に引き出せるようなカットが施されているのです。ラウンドブリリアンカットは、そんなダイヤモンドのカット方法の中でも、最高傑作と呼ばれています。婚約指輪などに埋め込まれているダイヤモンドの多くは、ラウンドブリリアンカットが採用されています。

ラウンドブリリアンカットは、たくさんのカット面を持っているのが特徴です。58の面を持つ58面体で、底面のキューレット面を除いても57面あり、一つ一つの面の長さや角度が計算されつくしています。これは、ダイヤモンドが光を取り込んだ時に、最も効率的かつ光学的に光を反射させられることを考えたカット方法です。

ラウンドブリリアントカットの歴史に迫る!

ラウンドブリリアンカットは、17世紀のイタリア・ヴェネツィアで考案されたカット方法です。その後、長い時代をかけて研究が行われ、最終的に1919年にダイヤモンド加工において世界的な権威を持つ一家として知られているトルコフスキー家のマルセル・トルコフスキー氏によって提唱されました。このマルセル・トルコフスキー氏は、ダイヤモンドを中心とした宝石を加工する職人であると同時に、ベルギーにおいては数学者としても知られていた人物です。ダイヤモンドの反射率や屈折率を数学的かつ光学的に計算した上で、理論的に形態化されたものが、現在のラウンドブリリアンカットです。

現在のラウンドブリリアンカットが確立されるまでには、これまでたくさんのカット方法が流行してきました。その中には、ブロック状のパターンを持つトランジショナルカットなどもあります。現在でもレトロなデザインが完全に衰退したわけではなく、アンティークの雰囲気を好む作品だと、あえて以前のカットスタイルを採用するケースもあります。

ラウンドブリリアンカットは、ブリリアンカットの一種です。ブリリアンカットには他にもいくつかの種類がありますが、その中でもラウンドブリリアンカットは最高傑作で、ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出せるカット方法として、世界中から絶賛されています。

カットグレードは5段階で評価される?

ダイヤモンドの評価基準は、4Cで評価されています。このうち、Color(色)やClarity(透明度)、Carat(重量)などは、ダイヤモンドが最初から持ち合わせている性質なので、人間が変えることはできません。しかし4CのうちCut(カット)は、ダイヤモンドが原石の状態から持っている性質ではなく、職人の加工技術を評価したものです。

ダイヤモンドの4Cの一つであるCutについては、全てのダイヤモンドが同じ評価基準で評価されるわけではありません。基本的にはラウンドブリリアンカットが対象となり、職人のカット技術が5段階評価されています。

4CによるCutの評価では、一つ一つの面のサイズや長さ、カットの角度などが細かく評価されるだけでなく、左右対称性なども評価基準となります。同じカラットのダイヤモンドでも、カット次第では大きく見えたり輝きが増して見えるなど、職人スキルによって仕上がりが大きく変わります。

ラウンドブリリアントカットのファセット名称!

ラウンドブリリアンカットは、一つ一つの面やラインに名称がついています。これらの面はファセットと呼ばれていて、それぞれのファセットが全体に対してどのぐらいの割合を占めるかという点もまた、4Cでは評価されます。例えば上から見たダイヤモンドの大きさを100%だとすると、テーブルと呼ばれる上部平面は53%であることが理想的です。その周囲にはスターファセットやクラウンなど細かい面がいくつも並び、美しい傾斜面を作り上げます。

ダイヤモンドをサイドから見た時に最も直径が長くなる部分は、ガードルと呼ばれています。ガードルから上部は16.2%、下部は43.1%など、一つ一つのファセットの位置やサイズが決まっています。

ダイヤモンドの最も底面にある部分は、キューレットと呼ばれています。ほとんど頂点にしか見えないキューレットもまた、位置や角度が決められており、左右対称性なども評価の対象となります。

まとめ

ダイヤモンドのラウンドブリリアンカットは、一つ一つのファセットが細かく計算されつくした見事なカット方法で、熟練したスキルが求められます。長い歴史の中においては、ブリリアンカット方法でもトレンドがあり、現在ではモダンブリリアンカットに分類されるラウンドブリリアンカットがダイヤモンドの輝きを最大限に発揮できる最高のカット方法だと考えられています。全てのダイヤモンドがラウンドブリリアンカットをしているわけではありませんが、最高峰のカット法と呼ばれるこのカットは、4Cの評価基準の一つにもなっています。

SNSでシェア

SNSをフォロー

ONLINE SALON
資産としてのダイヤモンドを
本気で考える

オンラインサロンへのご登録希望の方は、メールアドレスをご入力ください