• 2021.06.08

世界最大のダイヤモンド「カリナン」とは?大きさや値段は想像以上!

カリナンダイヤの歴史とは?

カリナンは、1905年に南アフリカのカリナン鉱山で採掘されたダイヤモンドです。鉱山監督だったフレデリック・ウェルズが見回りをしている時に、ガラスのようなものを見つけ、ポケットナイフで削った所、大きなダイヤモンドの原石が現れました。これが、現在ではカリナンダイヤと呼ばれるダイヤが発見された瞬間です。

この巨大なダイヤは、鉱山の所有者だったトーマス・カリナンの名前にちなんでカリナンと命名され、南アフリカ政府が買い取りました。その後、南アフリカを植民地としていたイギリスの国王へ、誕生日の記念に贈呈されました。

この巨大なカリナン・ダイヤモンドは、現在でも原石のまま保管されているわけではありません。当時のイギリスの国王エドワード7世の依頼によって、9個の大粒ダイヤモンドと、96個の小粒ダイヤモンドにカットされ、それぞれが高価なダイヤモンドジュエリーとしての価値を持っています。

カリナンダイヤの大きさや特徴を紹介!

カリナンが発見された当初は、その大きさにダイヤモンドではなくガラスではないかと勘違いされたというほど、原石は前例を見ないほどのサイズでした。3106.75カラットもあり、重量は621.25gの原石は、世界最大でした。現在でも、カリナンを上回るダイヤモンド原石は見つかっていません。

南アフリカ政府が鉱山所有者からカリナンを買い取った際には、買取価格は15万ポンド(約2300万円)でした。もしもその原石がそのまま原石として保管されていたとしたら、現在では24億ドル以上の価値を持っていたと言われています。

カリナンダイヤの種類について!

カリナンダイヤは、原石から大粒ダイヤと小粒ダイヤとがカットされ、現在でもそれぞれが大切に保管されています。その中でも最も大きなカット数を持つのは、グレートスターオブアフリカで、530.2ctです。ペアシェイプカットされたこのダイヤは世界で第2位の大きさを持ち、現在はイギリス王室のメアリー女王の王冠の装飾として使われており、ロンドン塔にて展示されています。このダイヤは、カリナンIと呼ばれています。

カリナンIIとはセカンドスターオブアフリカのことを指し、317.4ctあります。クッションカットのダイヤモンドが美しいカリナンIIもまた、カリナンIと同じようにイギリス王室の王冠の前部の装飾に使われています。

カリナンIIIとカリナンIVは、それぞれペアシェイプとクッションカットが施され、二つつなげてブローチなっています。大きさは、カリナンIIIが94.4ct、カリナンIVは63.6ctです。このブローチは二つ合わせてレッサースターズオブアフリカと呼ばれています。

カリナンVは、18.8ctのハートシェイプにカットされました。周囲に小粒のダイヤモンドがちりばめられ、ブローチとして完成しており、メアリー女王およびエリザベス女王にとってはお気に入りのダイヤとして知られています。

カリナンVIとカリナンVII、そしてカリナンVIIIは、細長いマーキスカットとクッションカットにカットされ、つなげてブローチが作られました。ただし、最初からブローチを作る目的だったわけではありません。11.5ctのカリナンVIはエドワード7世がアレクサンドラ女王へ贈り、さらにメアリー女王からエリザベス女王へと引き継がれました。カリナンVIIは8.8ctで、メアリー女王が別のエメラルドネックレスの一部として使われた経緯があります。現在では、カリナンVIとVIIIと合わせて、美しいダイヤモンドのブローチの一部となっています。

カリナンダイヤの多くは、ブローチなどとして完成しました。しかしカリナンIXは、コレクションの中では珍しいリングとしてセッティングされました。ペアシェイプにカットされたカリナンIXは、4.39ctと大粒の石が美しい作品です。

このように、カリナンダイヤの中でも大粒カットされたものはすべて、高い資産価値を持ち、イギリス王室が現在でも大切にカリナン・ダイヤモンドのコレクションとして保管しています。

気になる驚愕の値段とは?

カリナンは、もともとの原石の状態でも3106ctもあったため、もしも原石のまま保管されたいたとしたら、現在では24億ドル(2600億円)以上の価値があるだろうと言われています。原石をカットして作られたカリナンダイヤのコレクションも、高い価値があります。例えばコレクションの中でも最もカラット数が大きなカリナンIは、推定価格で約4億ドル程度ではないかと言われているほどです。つまり、カリナンダイヤのコレクションは、どれも値段がつけられないほどの価値があるダイヤなのだと言えます。

まとめ

南アフリカの鉱山で採掘されたカリナンは、長い時を経て現在ではイギリス王室でカリナンダイヤコレクションとして、大切に保管されています。世界最大のダイヤモンドの原石として知られたカリナンダイヤは、現在では大粒ダイヤや小粒ダイヤにカットされ、美しいジュエリーに変身しました。値段がつけられないほど高価なコレクションとして知られていますが、エリザベス女王が身に着けることもあります。

SNSでシェア

SNSをフォロー

ONLINE SALON
資産としてのダイヤモンドを
本気で考える

オンラインサロンへのご登録希望の方は、メールアドレスをご入力ください