• 2021.01.22

ミレニアル世代、Z世代の間で需要のあるダイヤモンド

最近とても寒い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今週の気になった記事をふまえてご紹介しようと思います。

ラパポートニュースより

「ミレニアル世代、Z世代の間で需要のあるダイヤモンド」

ミレニアル世代とは、1981-1995年生まれの世代のこと。

Z世代は1996年生まれ以降の世代のこと。

Natural Diamond Council(NDC)の調査によると、ダイヤモンドジュエリーは40歳未満の消費者の間で最も望まれているとのこと!

NDCによると、人口統計グループによると、

もし、お金が関係ないなら旅行の続いて、ダイヤモンドジュエリーが

本当に買いたい!またはプレゼントされたい!と選ばれました。

天然ダイヤモンドジュエリーをお気に入りに選んだのは、女性がほとんどでした。

「コロナにもかかわらず、人々の間でダイヤモンドの望ましさは依然として非常に高く、本物の旅行についで、ダイヤモンドジュエリーが2番」とのこと!

これは日本でも少しこの傾向にあるように感じでいます。

例えば、私が感じたところで言えば、

メルカリ・ヤフオク・ラクマなどに以前よりジュエリーが出品されるようになったこと。

これは、現金にしたい需要もあると思いますが、

ステイホームで家にいる時間も増えて、ネットショッピングする人が増えたことも影響していると思います。

旅行に行きたいけど、行きづらくなった現在で、

ジュエリーやダイヤモンドの輝きが心を灯すものなったら良いなと思っております。

ダイヤモンドの鑑定は、

心癒される時間になること間違いなしです。

Challenges Persist as De Beers Sees Red

SNSでシェア

SNSをフォロー