• 2021.01.08

2020年に人気だったデザインは?

遅ばせながら、新年明けましておめでとうございます。

2o2o年は、誰にとっても多かれ少なかれ変化のある年であったと思います。コロナ禍の中で、ジュエリー業界にはどんなような変化があったでしょうか?

2020年はジュエリーの好みにも変化があったと、ラパポートニュースにて発表があったので、内容を交えて、考察してみました!2020年のジュエリーの振り返りと共に、読んでいただけたら嬉しいです。

『2020年 Instagramにてお気に入りが多かったジュエリー』

どんな商品のお気に入りが多かったと思いますか?

ラパポートの調査によると、「大胆なデザイン」「型破りな形」「大きいホワイトダイヤモンド」がインスタグラムにて多く保存されたそうです。(@jewelryconnoisseur_by_rapaport より)※「保存」とは、フォロワーが将来の参照用に画像をアーカイブするために残すこと。

2020年は特に、ホワイトダイヤモンドがカラーダイヤモンドよりも人気との結果に。ホワイトダイヤモンドは、やはりどんな時でも安定して人気だと思いました。

ホワイトダイヤモンドとは、無色透明なダイヤモンドのことです。最近は、色付きのダイヤモンドも少しずつ人気が出てきているように感じていましたので、少しだけ期待したのですが、王道の結果でした。日本と世界とではまた価値基準も違いますので、一概には言えませんが、私個人の感覚だと、最近は以前よりもブラウンダイヤモンドが人気が出てきているように感じています。

人気のカットは、エメラルドカットと洋ナシシェイプの形が最も人気のある形であるという結果がでていました。

最も多くのエンゲージメントを集めたカラージェムストーンジュエリーは、、、『青と緑の石』という結果でした。

これは、ジュエリー愛好家がこの困難な年に落ち着いた平和な色合いを探した結果ではないでしょうか。

確かに、不思議なことに、青色の宝石を眺めていると落ち着きます。。。。笑 自然と心が求めるんでしょうね。

私は、この自粛期間に再加熱してハマったが「キャンドル」でした。お風呂の中で、湯船に浸かりながら炎を眺めていたら心がスーっと落ち着きます。最近特に寒いですので、おすすめです。ぜひやってみてください。

話が外れましたが、、、笑 

2020年に人気だったジュエリーいかがだったでしょうか?

2021年がみなさまにとって素敵な一年になりますように願っております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

SNSでシェア

SNSをフォロー

ONLINE SALON
資産としてのダイヤモンドを
本気で考える

オンラインサロンへのご登録希望の方は、メールアドレスをご入力ください