• 2020.12.09

幻のダイヤモンド原石!人生を切り拓くパワーを与える男のダイヤモンドリング

近年では、様々なブランドからリリースされているメンズ・ジュエリー。

男性自身で身につけるジュエリーとして、ダイヤモンドを選ぶ男性も増えているようですが、「ダイヤモンド=女性の宝石」という認識がまだまだ一般的。

特に日本では、女性へのエンゲージメントリングの印象も根強いためか、その繊細かつ煌びやかな輝きを身につけることに、抵抗を感じる男性が多いのも事実です。

そのような時代に、常に新鮮な視点でダイヤモンドの魅力をお伝えすることが、
私たち「OTOKODIAMOND」の使命だと考えています。

そして今プロジェクトでも再度伝えたい事・・・・

ラフ・ダイヤモンド(ダイヤモンド原石)は、古来より男性にこそ愛され、身に着けられていたという史実をご存知でしょうか?

ダイヤモンドの歴史を遡ると、その言葉の語源はギリシャ語で・・・





「adamas・・・(征服されざるもの)」

カットし研磨を施され、今日のダイヤモンドの煌びやかな光を手に入れる遥か昔. . . .

ラフ・ダイヤモンド(ダイヤモンド原石)は、その神秘的な造形と比類なき硬度で神聖な力が宿ると信じられ、時の権力者であった王侯貴族をはじめとする男たちの無敵の象徴、あらゆる厄災を跳ね除ける守護石、幸運を呼び寄せる石として、大切にされてきたのです。

例えば、古代ローマの博物学者兼軍指揮官のプリニウスは、切断できないほどのダイヤモンドの硬さを称え、世界中で最も価値の高いものと文献に記しています。まさにダイヤモンドの語源である「征服できない」ものの象徴として、古代ローマの王たちは軍事遠征の際のお守りとして、原石のまま身に付けた、といわれています

ダイヤモンドは歴史的に見て、男性のための石だったのです。

私たちOTOKODIAMONDは、この古来から伝わるストーリーにインスピレーショ ンを受け、現代の男性に贈る、新たなダイヤモンドリングを考案しました。

いつの時代も、人々にパワーを授けてきたダイヤモンド。

いまなお競争の激しい現代社会を生きる男性に向けて、

自分自身のポテンシャルを高め、その先の、自分でも知りえなかった、新しい自分を引き出すパワーを与えてくれる、そんなダイヤモンドを身につけて欲しいという願いを込めて・・・

「OTOKODIAMOND」の第4弾プロジェクトとして、

ダイヤモンドの歴史からインスパイアされた、3つのリングが誕生しました。

そんなダイヤモンドの歴史から誕生した、今回のリングのコンセプトは・・・

1. ダイヤモンドの起源にオマージュを捧げ、“ラフ・ダイヤモンド”を使用。

2. ヘリテージやストーリーを通して、ダイヤモンドの原点を今に伝える。

3. ダイヤモンドのタイムレスな魅力を表現するシンプルでソリッドなデザイン。

中世以降のカット・ポリッシュの技術革新や国際評価基準により、ダイヤモンドの価値は、輝きに集中して捉えられるようになりました。

しかし「OTOKODIAMOND」では、元来、男性のための石であったダイヤモンドのストーリーを、原石であるラフ・ダイヤモンドを通して、ダイヤモンドと男性の強いつながりをお伝えしたいのです。

そのため今回は、ラフ・ダイヤモンドをテーマにしたリングをご提案します。

◯ Grid

Colorful precious stones for jewellery on white background

幾何学的な鉱石の塊からインスピレーションを受けデザインした「Grid」。規則正しく並んだ正方形ブロックに0.1カラットのソーヤブル原石を2つ配したデザインは、緻密さと繊細さ、力強さを表現しています。

◯ Rhombus

Colorful precious stones for jewellery on white background

0.2カラットのソーヤブル原石を2重の菱形で囲み、広がりを持たせたシンプルで幾何学的なデザイン。裏から爪留めされた独特セッティングが、無駄なものを省いたモダンな造形を実現しています。





◯ Ratio

Colorful precious stones for jewellery on white background

人間が最も美しいと感じる「黄金比」からインスピレーションを受けた0.2カラットのソーヤブル原石が映えるデザイン。

壮大な歴史と魅力をうちに秘めながら、いまだ磨かれるを待つダイヤモンド原石。

控えめながら、独特の存在感を放つラフ・ダイヤモンドを身につけることは、守護石のようにパワーを授けてくれるはず。ダイヤモンドのストーリーにインスパイアされたリングは、カジュアルにもビジネススタイルにも、“人とは違う自分らしさ”を表現し、新たな自分に出会わせてくれるはずです。

デザインインスピレーションは自然界から

個性的でありながら、奇をてらっていない絶妙なバランスは、自然が生み出したロマンであるダイヤモンド原石のみならず、リングのデザインも歴史と自然界から取り入れているからです。

古くから人間は、自然界に存在するあらゆる形状を黄金比、フィボナッチ数列、フラクタル等の理論として、体系づけてきました。

今回のリングのデザインをする上でも、自然界に見られる「幾何学的でシンプルな造形」で「永続性を感じさせるわかりやすいデザイン」を強く意識しています。

変わらないもの、歴史に裏打ちされた概念を、リングのデザインとして現代の男性に提案します。

◯希少なソーヤブル原石を使用

地球の奇跡といわれるダイヤモンドの中でも、さらに希少なソーヤブル原石。

原石正八面体を持つソーヤブル原石ほど、幾何学的で美しい造形物はありません。 綺麗にカットされたダイヤモンドとは異なり、粗々しさと規則性が共存する形状は神秘的で、どこかマスキュリンな男性性をも感じさせます。

産出量が少ない上、ほぼ流通しない、ラフ・ダイヤモンド(ダイヤモンド原石)。 ダイヤモンド業界のルールとして、本来、原石は購入できる権利を持つ業者(サイ トホルダーおよび研磨業者)しか仕入れることしか出来ない、とても希少なもの。

なかでも、最も希少とされるソーヤブル原石。 宝飾用ダイヤモンドは採掘量全体のうち10%以下しか取れず、 ソーヤブル原石はその10%中のごく僅かしかありません。 また、ソーヤブル原石のまま売買できる機会も少ない、というなんとも貴重な素材 なのです。

今回ご紹介するラフ・ダイヤモンドリングには、この希少なソーヤブル原石を使用し、特別で個性的なリングに仕上げています。

希少なダイヤモンド原石を身につけることは、ダイヤモンドのドラマチックなストーリー・歴史を、現代に伝えるアンバサダー(伝道師)のような意味を持ちます。

Colorful precious stones for jewellery on white background

世間で作られたダイヤモンドの価値基準ではなく、本来の物語と魅力を受け継いだリングを所有することで、サスティナブルなジュエリーの愉しみ方を発見できます。

サスティナブルな価値を身につけ

ダイヤモンドは勿論、プラチナやゴールドはそれぞれ非常に高い希少価値を維持してい ます。そして、いずれの資源も近い将来、「枯渇」あるいは「採掘コストが高騰する」 と予想されており、資産価値は更に上がるのではないかと言われています。 装飾品として身に纏うのは勿論、将来に備えて、資産価値が上がるかも知れないと いう楽しみも併せ持つアイテムとなっているのです。

「男性が楽しむダイヤモンドの世界を創る」

これまで様々な新しいダイヤモンドのスタイルを提案してきたOTOKODIAMOND。 プロジェクト発足時から念入りなリサーチと検討を重ね、ダイヤモンドの魅力を引き出すデザインを生み出しています。

ダイヤモンドの魅力を伝え、男性にこそ、もっと愉しんでもらいたい。 ダイヤモンドが身近に寄り添う、新しいライフスタイルを提案したい。 ダイヤモンドへの先入観を一新し、ダイヤモンドに自由度を。過去3回MAKUAKEでのプロジェクトでも沢山の高い評価をいただきました。

ダイヤモンドには男心をくすぐる要素が数多く秘められています

2020年3月に発売された人気メンズライフスタイル雑誌の『Lightning 創刊号』では、 OTOKODIAMONDが提唱する『男が楽しむダイヤモンドの世界』が4ページに渡り特集されました。

今後、さらに男性がダイヤモンドを愉しむというライフスタイルは進んでいくと期 待できます。 いち早くご紹介させていただくmakuakeの皆さまには、このトレンドの先駆者として、ぜひご参加いただければ、と思います。

また、『Lightning』誌とは、コラボレーションリングも企画されており、今後も楽しみなプロジェクトが予定されていますので、お楽しみに! 

◯ Grid(グリッド)

・SV925

・K18(イエローゴールド) ・K18(ピンクゴールド) ・PT900

◯ Rhombus(ロンバス)

・SV925

・K18(イエローゴールド) ・K18(ピンクゴールド) ・PT900

マット加工有り/無しからお選びください。(*写真はマット加工のデザインです。)

◯ Ratio(レイティオ)

・SV925

・K18(イエローゴールド)・ K18(ピンクゴールド) ・PT900

マット加工有り/無しからお選びください。(*写真はマット加工のデザインです。)

10月 :プロジェクトスタート

11月初旬 :プロジェクト終了

12月初旬 :支援様への発送

はじめまして、OTOKODIAMONDプロジェクト代表の石川と申します。

10代の頃より宝飾業界で働き始めてから早30年。長年、宝飾業界にいて感じたのは、
「美しいジュエリーとしての宝石」は広く知られていますが、それ自体の歴史や資産価値については、ほとんど知られていないということ。


なぜ、こんなにも多くの人を魅了するのか?
なぜ、世界中で取引されているのか?


そんなことを深掘りするうちに、ダイヤモンドをはじめとした宝石には、まだまだ私たちが知らない世界が秘められていることに気がつきました。

これまで、ダイヤモンドをメインに「愛でる」「纏う」両方の楽しみをMakuakeで提案してきました。どのプロジェクトも、たくさんのご支援をいただき心から感謝しております。今回の、ラフ・ダイヤモンドリングを通して、より多くの方に宝石の世界へ興味を持っていただけたらと思っております!


FAQ

Q1 :サイズ直しはできますか?
A1 : ある程度(2号から5号)でしたら可能ですが、形状が損なわれる可能性があります。(別途有料となります)

Q2:ダイヤモンドの保証書は付きますか?
A2:はい。自社が発行する天然ダイヤモンドの保証書が付きます。


Q3:新品仕上げや修理は可能ですか?
A3:はい。こちらにお持ち頂くか郵送頂ければ可能です。(別途有料となります)

Q4 : どこの指につけたらいいですか?
A4 : おすすめは中指や人差し指ですが、シグネットリングとして小指につけるのも素敵かと思います。

Q5 : 天然ダイヤモンドの品質を教えてください。
A5: ブラウン系のソーヤブル原石、内包物の比較的目立たないものを使用しています。


Q6 :先行発売終了後は購入できますか?
A6 : 先行発売終了後は、当社のネットショップにて販売予定です。

【連絡先】

OTOKODIAMOND 株式会社RAIN 石川 正道

〒111-0042 東京都台東区寿2-9-17 真山ビル2F

TEL 03-5830-3400

info@otokodiamond.com

リスク&チャレンジ

・使用感・サイズ感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 ・一つ一つ制作していますので、クオリティに多少の違いがあります ・開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。 ・ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。 ・天然のダイヤモンドを使用いたしますので、石によって多少違ってみえることがあります。

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて販売中

https://www.makuake.com/project/otokodiamond4

※クラウドファンディングサイトの期間は修了致しました。

この商品のお問い合わせはメールにて

SNSでシェア

SNSをフォロー